※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQM1

モンスターズ1の異世界のひとつ。星降りの大会に優勝してエンディングを迎えた後に挑戦できる、魔王が主を務める旅の扉の一つである。
名前の由来は、ボスの【デスピサロ】が、悲憤のあまり人類を「根絶やし」にしようとしていることから。
全30階層。悪魔系オンリーの旅の扉だが、【アクバー】【あくまのきし】【ギガンテス】【ずしおうまる】【デビルアーマー】【ジャミラス】【デュラン】といった他の扉で主として出て来るモンスターに加えて、【じごくのもんばん】【きりさきピエロ】といった野生で生息していないモンスターは出現しない。
ボスが多いため、悪魔系は野生で手に入れられないモンスターが多くなっている。

戦闘前に選択肢が出るが、「いいえ」を選ぶと「人間に尻尾を振る汚い犬ども」と連れているモンスターを蔑む台詞がある。いくら何でも酷く無いだろうか?

デスピサロは、【しゃくねつ】【ばくれつけん】【ジゴスパーク】を使用する。
爆裂拳はスクルトを唱えていれば恐く無い。灼熱も各種対策があるが、デイン系のジゴスパークは厄介。しっかりとその都度回復させるのが得策だろう。
【エスターク】とは対照的にHPが非常に高く、長期戦に備えた方が良い。

このデスピサロを倒すと、今際の際に【ロザリー】の名を呟く。これは原作FC版のピサロと同様。
モンスターズが発売された当時のⅣは8年前に発売されたFC版しかなく、SFC時代にDQを知った人の中には原作ネタが分からない人も居たかもしれない。
その辺を考慮しているのかは定かではないが、【わたぼう】がロザリーとデスピサロの関係を補足説明してくれる。