※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸにおいて初めて登場したシステム。
呪文を唱えた時に稀に起こり、起こると効果音が変化し攻撃、補助呪文は「○○○○の××××が暴走した!」と表示され、
回復呪文では「○○○○の××××がパワーアップ!」と表示される。
暴走、もしくはパワーアップした呪文は攻撃、回復呪文ならダメージや回復量が1.5~2.0倍にアップし、
補助呪文なら完全に効かない敵でなければほぼ確実に効果がある(確実ではないがほぼ効く)。
分かりやすく言うなら呪文版会心の一撃だが、確率は高くないのであまりアテにしないように。

一方、敵が攻撃呪文を使用した時も暴走が起こる可能性があり、初めての敵がねこまどうと登場時期は早い。
敵の場合は痛恨の一撃と同じく、行動パターンの1つに暴走が割り当てられているため、すべての敵に起きるわけではない。
また、同じモンスターでも暴走する呪文としない呪文があり、弱い呪文が暴走有りに設定されているケースがほとんど。
こちらの耐性は無視しないものの、敵によってはかなりの痛打を与えてくるので、マホトーンやマジックバリアで対策を打つようにしよう。
なお、補助呪文や回復呪文の暴走は設定されていないので安心。このあたりも痛恨の一撃と似ているか。
しかし、邪眼皇帝アウルートなどは暴走する攻撃呪文しか設定されていないため、確実に暴走する。理不尽だ。