※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵ、Ⅷ、DQMJシリーズに登場する、タコの下半身を持った衛兵。
【ヘルパイレーツ】の色違いモンスター。
武闘派のヘルパイレーツと異なり、多様な補助・回復系呪文を持つ。
非常に頭がよく、状況に合わせて行動するので力押しで戦うとかなり苦戦する。
Ⅵ、Ⅷとも出現場所に恵まれず、場所が限定されている上、Ⅷでは出現率が低めなので
コンプを目指す人にはやや障害となるかもしれない。

DQⅥ

現実世界のライフコッド近海や湖・川底、隠しダンジョンに登場。
素早い行動からラリホーマやマヌーサ、ザオラルやさみだれけんを使う。
冷気系の攻撃以外はよく効くほか、自分が使ってくるくせに前述の補助系魔法は意外に効く。本作ではザキも割と有効。

DQⅧ

サザンビーク東の砂浜のみに登場する結構レアなモンスター。強敵扱いなのか、同種で2匹以上のグループを組まない。
そして、本作ではヘルパイレーツの下位モンスターになった。
ラリホーマやザオラル、しっぷうづきを使うなどあまり行動パターンは変わらない。

スカウトモンスターとしても天国の千両役者こと【リー】が登場。
さみだれ突き、ベホマ、ザオラルを使用するため、バトルロードの高ランク突破のための回復要員として【ベホップ】との二者択一で迷うことになるのは誰もが通る道。
回復役にしては能力が高く、使い勝手がよいのでスカモンとしては比較的人気がある。
むしろスカモンの存在感が高すぎて、リーが何のモンスターかわからないまま終わるプレイヤーも多い。
そこまで含めて、地獄のベテラン選手とは見事に真逆の存在と言える。

DQMJシリーズ

モンスターズ2でのヘルパイレーツと出番を交代して登場。
所持スキルはふうらいのけんぎ。