※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スラもりシリーズに登場するキャラクター。
ゴーグルをかけ、コーンパイプを咥えた【ももんじゃ】

元ネタはファイナルファンタジーシリーズの定番キャラクター名「シド」で、ゴーグルとコーンパイプからFF7のシドがモチーフと思われる。
スラもりの発売はスクウェアとの合併後であり、合併したからこそ誕生したキャラといえるだろう。

スラもり1

当初はしっぽ団の技術者で【ウルオッター川】にある灯台の管理人を務めていたが、
主人公を部下と間違え大量の薪を炉にくべさせてしまい、灯台をぶっ壊した挙句、アジトを暴露する失態を犯しクビになる。
その後、路頭に迷っていたところで【スーランの町】に住み着き、何でも屋【まもの堂】を開く。
まもの堂のすべての仕事を終わらせると、「最後のお願い」として【きんかい】50個、5000ゴールド、赤いももんじゃを主人公に要求してくる。
その目的はなんと、嫁と結婚資金だったのだ。
これをクリアするとモチャことずっといちゃついている。なんか腹立つ。

スラもり2

勇車の調査で【サラスナ古墳】に来ていた。古墳を乱暴に扱った結果、落ちて来た砂に埋まって動けなくなる。
近くの砲台に【ほうだん】?を入れて砂の塊を爆破させよう。
救出して勇車を起こすと、お礼として使い方を教えてくれるが、同時にその失態により、しっぽ団をクビにされてしまう。

以降は【まもの堂】にて、勇車のデッキや仲間の管理をしてくれる他、町の復興では超人的な力を発揮する。

スラもり3

今回は最初からしっぽ団ではなく、普通に【フナデルのやしき】の所有者であり、住人でもある。
屋敷がしっぽ団の襲撃に遭い、追い出されたところを主人公一行に助けられ、仲間になる。

今回は船のカスタマイズ全般において協力してくれる。
また、【スーラシアおうこく】には古くからの知り合いの「スレッチ」、「バットール」、「ミスターDL」という3匹のちっちゃいももんじゃがいる。