※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸに登場する特技。
盾を持って身構えつつ攻撃するという技。
敵1体に通常攻撃の0.5倍のダメージを与え、さらにそのターン内で自分が受けるダメージを1/2に軽減する。
被ダメージの軽減効果は、通常の防御と同様に行動順に関係なく使用を選択したターンの開始から終了まで効果がある。
また、通常攻撃と同様の性質も持っており、幻惑の状態変化の影響を受けたり、盾ガードされたりすることがある。
【盾スキル】のSPを6まで上げると習得できる。消費MPは4。

敵では【シールドこぞう】【大怪像ガドンゴ】が使用してくる。
これまでは敵の取る防御行動は時間稼ぎ以外の何物でもなかったものが、
同様の効果を得つつしっかり攻撃までしてくるのだから厄介といえば厄介である。

この特技自体は、前作で敵専用の特技だった【身を守りながら攻撃】が味方も使用可能になったものである。
ただし、あちらは攻撃のダメージ倍率が0.7倍だったので、若干弱体化はしている。
とはいえ、防御性能は通常の防御と変わらないので、ただ黙って防御をするくらいなら、MPに余裕があるうちはこの特技を使った方が良いだろう。

また、盾関連のクエストではこの特技でキラーマシン10体を倒す?というものがある。
クリアすると痛恨完全ガードの特性を得られる【盾の秘伝書】が貰えるので、ストーリー終盤までには是非クリアしておきたい。