※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸに登場する特技。受け流しの構え。
手に持つ盾を用いて、敵の攻撃を受け流す構えを取る技。
ⅥとⅦに登場した【うけながし】が名前を変えて盾スキルの特技となったもの。
【盾スキル】のSPを82まで上げると習得できる。消費MPは12。
そのターン内で受けた通常攻撃及び同様の性質を持つ特技の内、
攻撃対象が1体で攻撃回数が1回の攻撃のみ、敵1体にダメージを肩代わりさせる。
受け流した際に対象に与えるダメージは、自分の攻撃力で対象を攻撃した場合と同じ値になる。
防御行動と同様に、行動順に関係なく使用を選択したターンの開始から終了まで効果がある。
そこそこのMPを消費する上、有効な敵とあまりそうでない敵とがはっきりと分かれるので、上手く使いどころを選んで発動したい。
性能的に若干差異はあるものの、単体に使う分には【天地のかまえ】とほぼ同性能と考えていい。
あちらと違い武器のバリエーションは自由だが武器の付加効果は発生しない。しかし属性を持った武器の効果は反映される。

敵では【ウパソルジャー】【かいぞくウーパー】【まかいファイター】【ビッグフェイス】が使用する。
ただし、ウパソルジャー、かいぞくウーパー、まかいファイターが使用するものは、
受け流しの対象が敵・味方のいずれか1体で、失敗して自分が普通にダメージを受けることがある。
効果はこちらの方が低いが、こちらは消費MPが0なので何度でも使用することができる。
行動時の表示メッセージは、「◯◯◯◯は こうげきを うけながそうと かまえている!」。

ビッグフェイスが使用するものは、味方が使用するものと同じものなので、MPも消費する。
行動時の表示メッセージは、「ビッグフェイスは うけながしのかまえ!」。