※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】のシナリオを担当した漫画原作者。別ペンネームは瑳川竜。

元々はサブカル系のフリーライターで、【堀井雄二】とはアニメ誌「月刊OUT」での仕事仲間だった。
その傍らでアニメ脚本家としてもデビューしたが、この頃はヒットに恵まれなかった。
その後、週刊少年ジャンプでもライターの仕事を始め、その縁でDQⅣ発売に伴うメディアミックス企画の漫画原作者としてオファーが掛かり、堀井からも太鼓判を押されたためこれを承諾。
こうして生まれたのがダイの大冒険であり、メディアミックス企画という枠を越え、ジャンプ黄金期を支えた大作となった。

その後はいくつかの漫画原作を手掛け、ダイ大の【稲田浩司】と再び組んだ「冒険王ビィト」がヒット。
TVアニメ化もされるが、稲田の体調問題で長期休載となり、その間に掲載誌の【月刊少年ジャンプ】が休刊してしまう。

ビィト連載中にアニメ脚本家としての活動も再開。「ダイ大」「ビィト」の功績もあるが一躍人気作家となり、ビィト休載後はこちらが本業となる。
アニメ脚本家としての代表作は「ガイキングLEGEND OF DAIKU-MARYU」「ゲゲゲの鬼太郎(第5作)」など。
2009年には特撮「仮面ライダーW」の脚本・シリーズ構成を担当し好評を博した。
2011年には「仮面ライダーフォーゼ」の脚本に携わったほか、2013年の「獣電戦隊キョウリュウジャー」でもメインライターを努め、特撮の分野でも活躍の場を広げている。

「ダイ大」の最序盤に主人公の師匠である【アバン】先生を【メガンテ】で死亡させたところ、
アバンは主人公パーティを凌ぐほどの人気キャラとなってしまった。
(読者人気に押される形で、後にアバン先生はちゃっかり復活している)
これに味をしめたのか、彼の作品には「ビィト」のゼノンや「W」の仮面ライダースカルなど、
「序盤で死亡し主人公の目標になる主人公の先輩」がよく登場する。