※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸで登場するボスモンスター。
異世界から現れた破壊の女神で、クエスト150【世界滅亡!?】にて戦うことになる。
戦歴の紹介文によると、指一本で大陸を灰にするほどのパワーを持つとされる。
歴代の魔王だってそんなヤバい奴は居なかったはずだが、【創造神グランゼニス】といい、凄い設定である。
名前の由来は「滅ぼした」。安直だが、【魔空5兄弟】は全部こんなネーミングである。

彼女は魔空5兄弟の長女らしく、4人の兄弟が居るようだ。
兄にフォロボサーン、弟にフォロボス、フォロボセとフォロボッソが居り、これらの内フォロボス以外の3人をその名の通り滅ぼした。そしてⅨの世界にやってきたとされている。
ちなみにフォロボスは【大賢者】に封印されていた為、魔空界には不在であった。
故郷である魔空界は、兄弟を倒して完全に支配しているようで、次はⅨの世界を征服しようと目論んでいる。
天の箱舟の開かずの間に封じられており、サンディに討伐を依頼される。

「女神」と聞いて美女のモンスター(【妖女イシュダル】系)を思い浮かべたプレイヤーもいたかもしれないが、実際は【呪幻師シャルマナ】【うみうしひめ】の色違いで、気持ち悪い緑色の体をしている。
1ターンに3回行動し、通常攻撃の他、マホトーン、マヒャド、瞑想、いてつく波動といった攻撃手段を持ち、 マヒャドは暴走しやすく、たまに痛恨の一撃を放ったり、HPが一定以下になると流星を使ってくることもある。
マホトーンで呪文を封じられると危険なので、光の波動やふとうふくつなどの解除する手段を用意しておこう。
実はいてつく波動を受けると解除されるため、事前に補助呪文や特技を使っておき、呪文を封じられたら防御して波動を待っても良い。
HPが一定化になると使う流星は全員が200程度ものダメージを受けるので注意が必要。土属性なので軽減も難しい。
瞑想で回復されること考えても、ある程度HPを減らしたら一気に倒してしまいたい敵である。
弱点は光と雷で、炎にも若干弱いが、風、土、闇、氷の4属性には耐性がある。
マヒャドや流星のダメージを軽減しようとしても与えるダメージが減るので、弱点を突いたフォースを使っていこう。
その他、戦歴の紹介文の2ページ目は自動登録されないので、「みやぶる」だけは忘れないように。
高レベルの魔王を倒せる人なら問題はない相手だが、クリア直後に戦うと苦戦しやすいと思われる。

設定上は凄い奴なのだが、ステータスも特技もレベル1の魔王と比べても弱い。
当然ながら、高レベルの魔王とは比べるべくも無い。
また、彼女自身は魔空5兄弟の頂点に立ったと自称しているが、(完全3回行動と言う点では勝っているが)実際にはフォロボスの方が強い。
フォロボスと違い、実際には大した活躍もしないまま、主人公達に叩き殺されてしまった。
何だかピエロみたいである。

チーターによって情報が流出してしまったため、配信前から名前が広まってしまっていた。
破壊神フォロボスの妹らしい(滅ぼすの5段活用的にはフォロボスの姉にあたるが)という情報までは出回っており、その気が無くとも配信前に彼女の存在を知ってしまった人は多かろうと思われる。

テリワン3D

配信限定のモンスターとして登場。悪魔系のSランクに属するGサイズのモンスター。
かつては全国数か所の特定の店舗でのみ配信されていた入手困難なモンスターだったが、2013年2月4日現在、ノーマルプレゼント対戦で配信されるようになったので、自宅でも受け取れるようになった。

マインド、眠り、混乱、毒などを無効にするが、マヒの耐性は半減止まりになっているので要注意。デイン系が弱点でドルマを吸収する。
ステータスは攻撃力と素早さが高く、MPが低いというどちらかと言うと物理攻撃主体だが、かしこさも低くはないので、スキルでMPを補えば呪文攻撃もそれなりにこなせる。HPは究極配合込みでジャスト3000という驚異的な数値をたたき出す。
特性はギガボディ、AI2回行動、いてつくはどう、ラブリー、ヒャドブレイクがあり、+25でプレッシャー、+50でいきなりテンションが追加される。どうしてお前みたいなヤツがラブリーを…
配合ではフォロボスの代わりとして使えるので覚えておいて損はない。

所持スキルは「グリーンファイター」。