※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【リップス】の上位種に当たる海棲の魔物。
Ⅱの【うみうし】とは別物。

リップスと【ブチュチュンパ】というメジャー二種に挟まれた微妙な位置でもそれなりに知名度を保っていたが、
Ⅷでブチュチュンパが海にも出るようになった形で統合されていなくなってしまった。
少年ヤンガスでも他のリップス系二種は出ているのにこいつだけ出ていない。うみうしは復活したのに。

DQⅥ

下の世界の内海に出現。
体が小さく、6匹くらいで現れて甘い息を連発してくるいやな敵。
甘く見ていると全員眠ったまま何もできずになぶり殺しにされる。
休み耐性がないので、ひたすらおたけびでおどかしておけば安心。メダパニも弱耐性なのでそこそこ効く。

ちなみにSFC版Ⅵの公式ガイドブックでは、リップス系は「なめくじ属」という種属のモンスターと表記されており、
こいつは『なめくじ属 お化けうみうし』ということになっている。
Ⅵには【おばけなめくじ】というのもいるが、コイツは『シーフラワー属 お化けなめくじ』らしい。ややこしや。
ナメクジとウミウシの関係についてはこちらも参照。

DQⅦ

DISC1の現代の海に出現。表記は「おばけ海牛」。
DQ史上最も早く海へ出られる作品だけあり、最速でウッドパルナクリア後という非常に早い段階で出会うことになる。
火の息すら見たこともないパーティに冷たい息を吐き出す外道。
冷たい息の確率は低いので、早期に出会ってしまっても運が良ければ無事生還できる。こうなると運頼みだ。
現代の海には更なる強敵として【ようかい魚】なるバケモノが住んでおり、こちらは出くわしてしまったらアウトである。

ただし、現代の海はエンカウント率が非常に低いので、出会わない人は全く出会わない。
図鑑埋め用の救済措置として後に裏ダンジョンに出るが、ここで初めて出会って驚いた人も居るのでは。