※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するキャラクター。
【シーブル】に可愛がられていた【ばくだん岩】
鬱エピソードの一つとして知られる過去の【ルーメン】編に登場する。
Ⅴ・Ⅵのロッキーと同じ種族・名前だが、こちらは仲間モンスターではないので別に分類する。
仲間モンスターとしてのロッキーはこちら

最初は【ボルンガ】の居座るシーブルの屋敷の入り口を塞いでいる。というか眠っている。
が、しばらくすると屋敷の中に入っており、その後は【やみのドラゴン】を倒すまでずっとそこにいる。
そして闇のドラゴンを倒しても何故かこいつだけなまだシーブルの屋敷に残っており、その後シーブルに飼われることとなる。
話しかけると突然ドカーン!!…と寝言で叫ぶなどお茶目な性格で、シーブルからロッキーの名を賜り可愛がられていたが、
【ヘルバオム】襲来に際し、シーブルに襲いかかるヘルバオムの根っこを相手に自爆、身を持ってシーブルに恩を返した。
ロッキー亡き後、シーブルの傷心を癒したのがヘルバオムの根にくっついていたイモムシ、あの【チビィ】である……。