※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

【アルマの塔】の頂上で眠っている魔獣。
アルマの塔のスライムやガナン帝国の人々の亡霊が言うには「竜もどき」。
また、吟遊詩人の間では竜として伝わっていることもあった。
色違いに【ハヌマーン】【キマイラロード】【じごくのヌエ】がいる。
元々は世界を滅ぼすためにグランゼニスによって生み出された魔獣のようなので、設定的にはキマイラロードが最も近い。
もしかしたらキマイラロードのうちの一個体なのかも知れない。

300年ほど前、【ラテーナ】によって人間への憎悪を拭い去られ、彼女と一緒に行動していた。
エルギオスを救う為にガナン帝国と戦ったようだが、その途中でラテーナが帝国軍の手にかかって死んでしまう。
このとき、ラテーナはエルギオスを解放するために竜のなみだを求めていた。
皮肉なことに、ラテーナの死に際に、竜もどきの彼が竜の涙を流すことになり、
その魔力でエルギオスの力と憎悪が解放され、ガナン帝国は滅び去ることになる。
また、竜の涙を流した際に力を失い、アルマの塔で300年ほど不貞寝していた。

クエストNo.162【竜もどきの夢】にて、アルマの塔のスライムから彼を起こすよう依頼を受ける。
竜のなみだをアルマの塔の頂上に居る彼のもとに持っていくと、ラテーナの命を奪った人間への憎悪で我を忘れた彼と戦いになる。
しかし、戦いが終わると正気を取り戻し、主人公に対して謝罪とお礼をする。
どうやら眠っている間に、主人公たちのことを夢の中で見ていたらしい。

クエストNo.161【竜のなみだ】?で、幽霊ではない生前のラテーナがグビアナ城に現れたが、
これは彼の夢から飛び出したラテーナらしい。
また、「竜もどきの夢」の依頼主のスライムは、彼の古くからの友人だとか。
クエスト解決後は、アルマの塔の頂上から主人公たちを見守っている。

設定が被るキマイラロードと同じく、やはり獣系に属する。
1ターン2回行動で、直接攻撃、じひびき、こごえるふぶきといった攻撃手段を持つほか、
噛みつきや飛びかかりなどの強化攻撃を持つ。ぶっちゃけ、ギャングアニマルと大差ない。
攻撃そのものはキマイラロードやじごくのヌエの方が激しく、攻撃力もその2匹の方が高い。弱点は光属性と闇属性。
倒すと竜のうろこを落とすほか、クエスト達成時に彼自身がオリハルコンをプレゼントしてくれる。
例によって【みやぶる】を使わないと、戦歴の2ページ目のコメントが見られないので注意が必要。