※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

メッセージの1つ。
ハッサンが【ムドーの城】で実体を取り戻す時と、主人公が下【ライフコッド】を襲撃されるイベントの際に合体する時に出る。
同時にレベルアップ時の音楽も鳴る。
それぞれのイベントでは各人が新たに技を習得し、以降使えるようになる。
ハッサンは【せいけんづき】を習得すると同時に肩書は【大工の息子】になり、以降の彼は鬼神の如き強さと化す。
主人公は【ライデイン】を習得するが、たとえその前に勇者になって予め習得していても「おもいだした!」である。
思い出したという言葉からすると、どちらも元々は使えていたという事なのだろうか。
そう考えると、せいけんづきでバンバン敵を倒してきたハッサンにしろ、
ライデインという強力な呪文を使いこなしてきた主人公にしろ、只者ではない事は確かだ。

一方、既に実態を取り戻していたであろうミレーユは、加入時に既に何か思い出しているのかと思いきや、そうではない。ちょっと残念である。