※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸの追加クエストで、クエストNo.156。2009年12月25日に配信された。
依頼主はルイーダ。
もうすぐ始まる宿王グランプリ、その主催者のセントシュタイン国王自らエントリーした宿屋に泊まりに来るというので、
「超VIP」のもてなしのために「天使のはね」「にじいろの布きれ」でベッドメイキング、
「さえずりのみつ」でハニーティー、お茶受けに「プラチナクッキー」が必要という。
プラチナクッキー」はゴールデントーテムを倒すとたまに手に入る。
【まさゆきの地図】【川崎ロッカーの地図】にもゴールデントーテムはでてくるので何匹か倒し続ければOK。

この4つを届けると、怪しい囚人風の男がリッカの宿屋にやってくる。
囚人風、って言うか足に鉄球付いてるしw
それでも気にせずリッカはいつものようにこの怪しい男をもてなす。
さえずりのみつのハニーティーやプラチナクッキーもふるまう。
あとからやってきた王様はこんな怪しい男と待遇が一緒なことに不満のようだが…

翌朝、急に土下座する王様と、その隣で王様の姿に変わる囚人風の男。
実は囚人風の男の方が本物のセントシュタイン国王で、王様は宿王グランプリのためのニセモノ。
身なりに関係なく「分け隔てなく客を扱う」ことが試されていたのだ。
(ちなみに囚人風の男が入ってきてから翌朝まで主人公はカウンター内で棒立ち状態である、何やってんだ!?)

ルイーダは「私の言うこと全部裏目だった」とがっかりしながらもお礼に【古強者のよろい】をくれる。
ミロのものだろうか?
何はともあれ、宿王グランプリの結果は来週に続く