※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

狭間の世界における地名。
祠という名前ではあるものの、マップのシンボルも内部も井戸である。
その通り牢獄の町から南にあり、湖の穴と牢獄の町とのほぼちょうど真ん中に位置する。
中には牢獄の町から逃げてきたという老人と神父がいて、老人に話しかけるとHP・MPを全快してくれる。
神父はセーブも可能なので、牢獄の町へ乗り込む前に寄っておくといい。
なお、ここがラストダンジョン直前の最後のセーブポイントとなる。セーブと回復が一遍に出来るので利便性も高い。
ここでセーブすると冒険の書のデータ表示が「いどのそこ」になる。やっぱり井戸なのか。