※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やりこみプレイの一種。
何らかの制限(縛り)を課し、難易度を意図的に上げる、あるいは面倒なプレイを挑むこと。
いやらしい意味を回避するために制限プレイと呼ばれることも。
以下に、主な縛りの対象の一例を挙げる。
ここに記された以外にも様々な縛りを設定することが可能なので、色々な縛りプレイに挑戦してみてほしい。

人員に対する縛り


キャラの強さに対する縛り

  • レベルを制限する。低レベルプレイ。
  • 装備に何らかの制限を加える(武器装備禁止、盾装備禁止、装備全般を禁止、など)
  • キャラクターメイキングを採用している作品で、決め手に欠ける職業のみでパーティを組む。
  • 固定キャラクターの【転職】システムがある作品で、職業に制限を加える。あるいは一切の職に就かせない。
  • スキルシステムを採用している作品で、格闘スキルのみにポイントを振る。振らないことが出来る場合、スキルポイントを振り込まない。

戦闘中の行動に対する縛り

  • 呪文あるいは特技に何らかの制限を加える(攻撃呪文禁止、回復呪文禁止、全ての呪文特技の使用を禁止、など)。
  • アイテムの使用禁止。
  • 呪文だけしか使わない、アイテムしか使わない、など。
  • (キャラを棺桶にすることが憚られる場合)あるキャラに無駄行動をさせる。
  • ザコ戦ではできるだけ逃げ、イベント戦だけ戦う。
  • 逆に、他の縛りと組み合わせて逃げるのを禁止する。
  • Ⅲのゾーマ戦において、【ひかりのたま】を使わない。

移動中、探索に対する縛り

  • 探索用アイテム(【たいまつ】【やまびこのふえ】等)を使わない。
  • アイテムの拾得に関する縛り(人の家から物を盗まない、アイテムの入手は買い物のみ、など)
  • 逆にゴールドを使わない。アイテムの入手は敵のドロップや宝箱のみに頼る。
  • セーブ回数を制限する。ルーラの登録箇所を制限する。

戦闘の記録に関する縛り

  • モンスター図鑑の「初めて倒したレベル」を、できるだけ低レベルにする。
  • モンスター図鑑の「倒した匹数」を999にしてから、次の地方へ進む。
  • モンスター図鑑の「ドロップアイテム」を全て埋めてから、次の地方へ進む。

その他

  • 剣神およびソードで、利き腕ではないほうの手でプレイする。

公認の縛りプレイ

ごくまれにだが、ある縛りをした上でクリアすると、特別なセリフや称号が出現することがある。
  • DQⅧの【竜の試練】の竜神王+巨竜連戦を素手のみで挑む。これは「キャラの強さに対する縛り(武器禁止)」と「戦闘中の行動に対する縛り(敵に呪文やアイテム、岩石落としでダメージを与えてはならない)」の両方を行う。