※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

呪文や特技などに付加されている要素。



本編・モンスターズシリーズ

一部の呪文や特技に付加されており、「メラ系」や「イオ系」など、攻撃方法や特徴などに応じて一つ一つ分類されている。
そして一つ一つの属性ごとに【耐性】が設定されており、これによって与えるダメージ量や成功確率が決まる。
どのような方法で決まるかについては作品ごとに異なるため、リンク先を参照。

どのような属性が登場するかは作品によって全く異なる他、同じ原理であるはずのものが別の属性を持っていることも多い。
例えば、メラゾーマと灼熱は炎で攻撃するという原理は同じだが、
メラはメラ系、灼熱は炎ブレス系と別の属性を持っており、
メラゾーマが無効なのに灼熱が有効であったり、そのまた逆もある。
例外的にⅨではダメージ系の属性が7属性にまとめられ、どちらも「炎属性」に統一されている。

また、Ⅷでは無属性の【ミラクルソード】がジョーカー2ではマホトラ系に分類されていたり、
ジョーカー1ではデイン系だった【ホーリーラッシュ】がジョーカー2以降でイオ・デイン複合属性になっていたりと
Ⅸ以外の作品でも同じ技で属性が違う場合もある。

このホーリーラッシュやⅨのストームフォース(風・雷複合属性)のような複合属性攻撃は、
基本的に相手の耐性が弱いほうでダメージを計算する。
【○○ブレイク】【○○のコツ】ももちろん乗ってくれるため、単色属性よりもダメージを出しやすくなっている。

その他では、Ⅷの【セクシービーム】は混乱の成功率だけでなく与えるダメージも混乱耐性に依存していたり、
テリワン3Dにおいてマホトラが確率で回避するのでなく割合で受けるMPダメージを軽減する仕様になっていたりと
特殊な属性の扱いをする場合もある。

登場属性(本編・モンスターズ)

(※印は本編に登場せず、モンスターズシリーズのみの属性である)

ダメージ系の属性(DQⅨ以外)
【メラ系】
【ギラ系】╋※DQⅢでは、メラ、ギラ、イオが全て「炎属性」で統一されていた。
【イオ系】
【バギ系】
【ヒャド系】
【デイン系】
【ドルマ系】
【ベタン系】?
【炎系】
【吹雪系】
【岩石系】/【強打系】/【パワー系】/【岩攻撃】/【大地系】
【軍隊系】
【水系】



DQMB

DQMBでは本編・モンスターズとまったく別な属性の概念がある。
ややこしいがダメージ系は、同じ属性に見えても呪文とそれ以外のワザで別な属性扱いとなる。
例えば、「炎属性の物理攻撃や特技」に弱い敵が、「炎属性の呪文」に耐性を持っていたりする。

また、複合属性攻撃は耐性の低い属性を優先するのではなく、
含まれている属性の耐性によるダメージ補正を乗算する点にも注意が必要。
例えば、打撃に弱く暗黒の攻撃に強い敵に打撃・暗黒複合属性攻撃を使った場合、
純粋な打撃属性攻撃よりも与ダメージが下がってしまう。

なお、確率系の属性はやたらと種類が多いものの、基本的な仕様は本編と変わっていない。

登場属性(DQMB)

ダメージ系の属性
【打撃属性の攻撃】
【炎属性の攻撃】
【炎属性の呪文】(=メラ系)
【灼熱属性の攻撃】
【灼熱属性の呪文】(=ギラ系)
【爆発属性の攻撃】
【爆発属性の呪文】(=イオ系)
【風属性の攻撃】
【風属性の呪文】(=バギ系)
【氷属性の攻撃】
【氷属性の呪文】(=ヒャド系)
【雷属性の攻撃】
【雷属性の呪文】(=デイン系)
【闇属性の攻撃】
【闇属性の呪文】(=ドルマ系)
【光属性の攻撃】
【光属性の呪文】(ジゴフラッシュ等特殊呪文が該当)