※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ~Ⅵ(DS版)

DS版の天空シリーズで使える裏技。
カジノの【ポーカー】での配布カードが、
「ゲームを起動した日付と時間」と「起動してからポーカーを始めるまでの秒数」によって決まることを利用したもの。

まず、カジノに一番近い教会でセーブをしておき、一旦ゲームを終了。
DSの時計を合わせ、特定の時間ピッタリに再び起動する。
(秒数表示がある初代DS、DS liteがやりやすい。
DSi以降は秒数表示がないので、分数表示が変わった瞬間や、時間を合わせてすぐなどを狙うといい)
そして、起動したら速やかにポーカー台に行き、普通にポーカーをプレイして、役作り→ダブルアップを行なう。
ダブルアップに失敗したらリセットして、時計を再び特定の時間に合わせて起動。
歩数さえずれなければ、配られる札もダブルアップの順番も全く同じになるので、後はダブルアップのメモを取りながら何度も繰り返せば、
運がよければ小一時間でコインがカンストする。

この裏技が発見されたのはⅥが発売されたときだが、ポーカーには同じプログラムを使い回しているらしく、
Ⅴのポーカーでも問題なく使える。
ただし、Ⅵの【サンマリーノ】【ロンガデセオ】のカジノでは、
ダブルアップの方法が4枚選択型になるため、この裏技は使えない。
Ⅳに至ってはハイ&ローそのものがないので使えない。
(使えなくもないが、「絶対に勝てないダブルアップ」が頻出するため、効率が非常に悪い)
Ⅵでやるなら【欲望の町】のカジノである。
歩数を数えるのが面倒な場合、斜めに移動しようとするとやりづらいので、直角に曲がるようにするとやりやすくなる。

この技で一番イラつくのは5桁を超えたときの長ったらしいファンファーレを一々聴かされることだったりするw

この技を応用して、何度もレアなドロップアイテムを落とさせたり、メタル系スライムを狩ったりすることも可能。