※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

配信クエストNo.172で、2010年4月16日配信開始。依頼人は【シュタイン湖】の湖畔に立つ謎の男。
だが、この時期にはシュタイン湖がどこだか忘れている人が多いだろう。

彼が言うには
「私ね。【サラマンダー】なんです。つまり炎の竜なんです。」
どう考えても単なる不審者だが、彼は本気。
この姿は仮の姿で、本当は決して冴えないおじさんなんかではない、と。
元の姿に戻る方法はわからなくて悩んでいたが、最近同じ【サラマンダー】という名前の短剣があることを知った彼は、
この武器と出会ったら自分の身に何か起きるかも、と主人公にこの短剣を持ってきてもらおうと依頼する。

入手方法は当該項目を参照。
実際にはこの武器にはサラマンダーさんの姿を変える力はない(彼曰く「呪いがかかっている」らしい)が、
約束を果たしてくれた主人公へのお礼にと、【しんかんのタイツ】がもらえる。

ところでこのサラマンダーさん、セントシュタイン城のコックに何か因縁があるようだが、
当のコックに聞くと、よく皿を割るから「サラワンダー」と呼ばれていた男がセントシュタイン城の台所にかつて勤めていたらしい。
サラマンダーさんの正体が本当に炎の竜なのかは結局不明のままなのだった。