※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸで初登場したモンスター。分類は水系。
ウーパールーパーの戦士で、この系統は一度こちらを見つけるとなかなか逃がしてくれない。
上位種に【かいぞくウーパー】【ウパパロン】がいる。
浜辺のパトロールが日課だが、裸足なので貝殻を踏んづけて怪我をすることがあるので、お金持ちになって靴を買うのが夢らしい。
「これからは海賊の時代だ!」と言われて転職を考える奴も居るようで、そうしたウパソルジャーはかいぞくウーパーになる。
ウパソルジャーは西セントシュタイン地方と東セントシュタイン地方に生息する。
なかなか守りの堅いモンスターで、こちらの攻撃を盾でガードしたり、受け流したりする。
ただし弱点は炎と光と闇の3属性と多く、状態異常も概ね有効。
ドロップ品は通常でおなべのフタ、レアで兵士の剣。

DQMJ2P

モンスターズシリーズ初登場。
こちらでも雑魚なのかと思いきや、何と自然系Aランク&位階配合最上位と大出世を遂げた。
ピピッ島に出現するが、みがわりを使うことがあるので他の敵を倒す際に注意が必要。
面倒なら断崖のブリザードマンをスカウトして他の何かと配合すれば作れる。
所持特性は「ギラ系のコツ」「ひん死で会心」「いきなりバイキルト」、最強化すると「会心かんぜんガード」が追加される。
AランクらしくMPの上限にやや不安があるのを除けば能力値は中々ハイレベルで、最強化すれば攻撃力と素早さは900台に達する。
しかもデインとドルマを無効化するので、かの全モンスター中能力値1位の【マガルギ】のメインウェポン属性を無効化してしまえるのだ。

しかし悲しいかな、実はコイツを必要とする特殊配合は1つも存在しないのだ。
他系統の位階配合最上位は最低1つは特殊配合が存在するのだが…。
また、少し能力値の伸びが悪い。種や木の実での補強も必須だと思われる。

所持スキルは【むしのしらせ】

テリワン3D

引き続き自然系Aランクと本編に比べて優遇されている。
位階配合では作れなくなり、【くもの大王】×【ソードファントム】という微妙に面倒な配合でしか作れなくなった。
ぜっかいの扉にいるのをスカウトするほうが良いだろう。他国マスターが連れている場合もある。
引越アプリで前作から連れてくるのも手。
特性はスタンダードボディ、ひん死で会心、いきなりバイキルト。+25でギラ系のコツ、+50で会心かんぜんガードが追加。
今作では【シュプリンガー】との配合で【ライオネック】を作ることができるようになった。
所持スキルは引き続き「むしのしらせ」。