※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸの登場人物。
ツォの浜の漁師の娘で、早くに母親を亡くし、また先の地震の夜に漁に出た父も行方不明となっている。
公式イラストが存在し、ゲーム中で見るよりも更に幼い少女として描かれている。
こんなに小さい子があんな目にあっているのはかなり可愛そうだ。
また、このイラストで着ている服も継ぎ接ぎだらけ、いかにも幸薄そうな少女として描かれている不憫な子。
そういえば、同じく漁師の家の子供であるⅦの主人公も、イラストでは小汚い子供だった気がする。

何かにつけて【ぬしさま】と縁がある少女。
最初はぬしさまを呼ぶ力があり、そのぬしさまが魚を持ってきてくれるということで、村人たちから引っ張り凧だった。
実際には、ぬしさまは女神の果実の力で変化した父親の霊で、オリガが暮らしてゆけるように食べ物を届けていただけである。
が、そのせいで村人が働かなくなってしまったため、とても心を痛めている。
そんな折、村長に目をつけられて、ぬしさまに財宝をもってくるよう頼めと言われるのだが……
一連のイベントの後は一皮剥けたようで、父の誘いを断って、一人で生きていくことを決め、
近いうちに漁師に付き従って漁に出ることが決まっているなど、人間ができている、強い子になっている。
逆に、村長はショックで寝込んでしまう。自業自得とはいえ、哀れ。

エンディング後、最後の【女神の果実】を追ってきた主人公と再会。
重要ストーリークエスト【幻の巨大魚を追え】 の依頼人となる。