※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

【ふしぎなおどり】の上位互換。【マホトラ】と同じ効果がある踊り。敵のMPを吸収することができる。
吸収量はレベル依存でマホトラと全く同じ。マホトラと異なり呪文ではないので、マホトーン状態でもMP回復を図れる便利な特技!
のハズなのだが、シリーズを通じて非常に地味である。
不思議な踊りはⅡの鬼畜仕様などで記憶に残っている人も多いのだが、上位互換なのに下位種よりも何故か不遇な特技の一つ。

DQⅥ

【ツンツン】がレベル10で覚える。仲間にし易いモンスターなのだが、人間中心のパーティになりがちなⅥでは出番は少ない。
またDS版では仲間にならないので、必然的に【踊り子】★7でしか覚えられないようになった。
また、敵では誰も使って来ない為、記憶にも残らない。

DQⅦ

【アイラ】が最初から覚えている。また、【踊り子】×【盗賊】【職歴技】として修得することが出来る。
だが、わざわざ覚える程の技では無い。

敵が使って来るようになったが、【パペットマン】とボスの【エテポンゲ】だけである。

DQM

不思議な踊りを覚えたモンスターが一定のレベルと能力値に達すると、不思議な踊りが進化してマホトラ踊りになる。
かなり序盤から使える上に、モンスターズでは殆どの特技がMPを消費するため、本編よりはかなり役に立つ。
また、本家マホトラはレベルが上がると【マホキテ】に進化してしまい、使い勝手が変化してしまうために、
高レベルモンスターが能動的にMPを回復する唯一の方法として、序盤はそれなりに重宝する。
まぁ「序盤は」なので、すぐに忘れ去られる運命にあるのだが。

DQM2

モンスターズ2ではマホトラがマホキテに進化することはなくなったものの、不思議な踊りの進化系としての存在を堅持。
【まりょくのうねり】が使えるモンスターズ2では、敵の即時無力化の秘策として通信対戦用のモンスターですら仕込まれていることも。
ジョーカーでは遂に不思議な踊りからの独立を果たしたようだ。