※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ドラクエ名物の会話形態の1つ。
プレイヤーに「はいorいいえ」の問いかけをする場面で、質問者にとって都合の悪い答えを返すと
「そんなこといわずに」「え?よく聞こえなかった」みたいなことを言って再び同じ質問を問う。
これを「会話の無限ループ」という。

初めてこれを使用したのはⅠの【ローラ姫】。彼女を救出した際、「わたしを おしろまで つれてかえってくれますね?」
と問うてくる。ここで毅然と「いいえ」と答えると「そんな ひどい……。」と言って再び同じ問いをしてくるのだ。
Ⅰでは別に彼女を助けなくてもクリアできるが、エンディングで
「その あなたの たびに ローラも おともしとうございます。このローラも つれてって くださいますわね?」
とまたまた問うてくる。ここで毅然と「いいえ」と答えると「そんな ひど(ry
以降この無限ループは多くの者が使用し、Ⅱのエンディングの【ローレシア王】やⅢの【カンダタ】、Ⅵの【ハッサン】などが有名。
Ⅴのレヌール城の【エリック】に至っては、依頼を断るとなぜか雷が鳴り響き、そのせいで聞こえなかったことにされてしまう。
このシーンは4コママンガ劇場でも何度かネタにされた。
テリワン3Dになると、あの地獄の帝王も使っている。

なお、近年は無限ループと思いきやしつこく断っていると最後には諦める、という新たなパターンが見られる。
Ⅵの【グランマーズ】やⅦの【パミラ】などである。
大抵は主人公にとってあまりよろしくない結果が待っているので、そこを見極めて回答をすることが大事である。
ただし、断り続ければいいこともある。

関連項目