※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

モンスターバトルロードⅡレジェンドの「逆襲の魔王」で追加されたレジェンドクエスト。
Ⅴのストーリーをバトルロードで再現したもので、SまたはEXランクでクリアするとチャレンジバトルで【ミルドラース】が使用可能になる。


DQMBⅡL

第一章「父の背中」…【おばけキャンドル】【メラリザード】【いっかくウサギ】と対決。
【戦いのドラム】を使えば高得点。

第二章「天空の花嫁」…【ザイル】【雪の女王】【ドラキーマ】と対決。
【炎のリング】の効果を2回以上発動させ、とどめの一撃を放てば高得点。

第三章「盗賊王」…【カンダタ】と対決。HPと攻撃力がかなり高く序盤の鬼門。灼熱と爆発の技で短気決戦を狙おう。

第四章「光の教団」…【オークLv20】【ラマダ】【キメーラLv35】と対決。特に注意点はない。
とどめの一撃は【ボルケーノ】【大海嘯】【烈空カカト落とし】のいずれかで。

第五章「古の悪魔」…【ブオーン】と対戦。
【水のリング】の効果を2回以上発動させれば高得点。カンダタ同様、弱点を突いていかないと苦しい。なお、次の戦いの事も考えて、魔物使いやモンスターマスターは絶対に使ってはいけない。

第六章「邪教の使徒」…【ゲマ】と対戦。
【フラワーパラソル】を使い、敵の攻撃を盾ガードすると高得点。死神のたてがあれば全ての攻撃をガード出来るので、呪われる事覚悟で使用を推奨。ゲマ自体は弱いので適当に戦っても勝てる。とどめの一撃を放つのを忘れないように。

第七章「魔界の王」…【ミルドラース】と対戦。
【ドラゴンオーブ】で敵の攻撃を軽減し、とどめの一撃を放てば高得点。攻めより守りを重視しよう。

第八章「地獄の帝王」…【エスターク】と対戦。
【王者のマント】で「つめたくかがやくいき」を防ぎ、【モンスター呼び】でとどめの一撃を放てば高得点。こちらもミルドラース同様、つばぜりあいに勝ちとどめの一撃を使わないと勝つのは困難。弱点は雷。

DQMBV

第五章で好成績を取るにはDLCのSPカード【おうえん】が必須となる。
クリア時のランクがBランク以上で【ジャミ】、Aランク以上で【ゴンズ】、Sランク以上で【ゲレゲレ】のカードがもらえる。

第一章「父の背中」…DQMBⅡと同じ。
好成績SPカードはどれでもOKになった。

第二章「妖精の世界」…DQMBⅡと同じ。
好成績SPカードはどれでもOK。

第三章「悲劇」…敵は【ゴンズ】【ゲマ】【ジャミ】
【戦いのドラム】を使った上で、とどめの一撃で【ホーリーエッジ】を使えば高得点。

第四章「天空の花嫁」…敵は【ビックアイ】【ゲレゲレ】【ドロヌーバ】
SPカードは【炎のリング】を使い、2体以上が効果を出せば高得点。

第五章「古の悪魔」…DQMBⅡと同じ。
好成績SPカードが【おうえん】に変更。

第六章「光の教団」…敵はジャミ、【ラマダ】、ゴンズ。
好成績SPカードはどれでもOKだが、とどめの一撃は【ボルケーノ】【大海嘯】【烈空カカト落とし】のどれかにする事。

第七章「邪悪の使徒」…DQMBⅡの第六章と同じ。
好成績SPカードはどれでもOK、とどめの一撃が【モンスター呼び】に変更。

第八章「魔界の王」…DQMBⅡの第七章と同じ。

第九章「地獄の帝王」…真エスタークで固定になった。倒されないよう工夫が必要だ。
もちろん、高得点の条件はDQMBⅡの第八章と同じなので忘れずに。