※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

石塚祐子作、1994年6月からVJで連載中のカラー漫画。
作者の日常やプレイしたゲームを取り上げるのが主な内容であり、数々のDQシリーズを特集してきた。

特集されたDQシリーズとあらすじ

  • SFC版Ⅲ(33話)…執事ロボット、エミリオを商人(男)に改造。ロマリアからカザーブへの道で、イヨクと4号(仮)とモンスターを倒して食べるという対決をした。 なお、イヨクはナジミの塔でとうぞくのカギを入手した時点でクリアだと思い込んでいたらしい。

  • PS版Ⅳ(94話)…3章にて、99万9999Gを貯めるために大奮闘。稼いだ資金を活かして、本格的な武器屋経営をしたかったと語っている。
なお、石塚にとって第3章はメインストーリーとのこと。

  • PS2版Ⅴ(123、124話)…2、3ヶ月経ったのに幼年期のアルカパまでしか進んでいない。というのも、SFC版をやり込んだからPS2版を急いでプレイする気が起きないから。
他に会心の一撃で魔物を倒すと、派手に吹き飛ぶ所を熱く語っていたりした。なお、5で好きな場所はネッドの宿屋とのこと。

  • Ⅸ(話数不明)…セントシュタインにて、ネタバレ規制でラスボスの代理を務めるようがんピローを一方的に虐めまくる。

  • モンスターズ1(53話)…最強のパーティーを作るのが目的のイヨクと、自由気ままに遊ぶのが目的の石塚の意見が対立。
結局、石塚の方が勝つ。

  • ジョーカー(136話)…136話がVJに掲載された当時はまだ発売しておらず、「DSでモンスターズの新作がある」ということしか分からず好き放題に予想。

  • トルネコ2(64、65話)…かなりハマっていたらしく、本作のシステムを熱く語る。

  • トルネコ3(105話)…仲間モンスターシステム中心。9号に色々なモンスターを勧めるが、どれも気に入ってもらえず。
107話ではセーブデータが消えたせいで心が折れたせいで挫折し、PS2を片付けてしまうという事態に陥ってしまう。

  • 剣神(115話)…右手を怪我してゲームが出来なくなるが、イヨクに勧められ剣神をプレイ。
かなりハマっていたが翌日、左手が筋肉痛になってしまった。