※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

錬金素材の一つ。怨みの宝珠。
禍々しい紫色の宝玉を魔物の頭部を模した像が咥えているという、名前通りの不気味なデザイン。
怨み辛みの感情が凝縮された玉らしく、呪いを清めた物にその災いを呼び戻してしまうという。
要するに、せいじゃのはいで呪いを解いたアイテムを、元の呪いのアイテムに戻す効果がある。
聖者の灰とは対になる存在であり、Ⅷの【あくまのしっぽ】に相当するアイテム。

  • うらみのほうじゅを使用する錬金レシピ
【うらみのほうじゅ】×1 【ディバインスピア】×1 【あくまのタトゥー】×3 = 【デーモンスピア】
【あくまのムチ】×1 【あくまのタトゥー】×2 = 【だいあくまのムチ】
【オーディーンボウ】×1 = 【じごくの弓】
【グレートヘルム】×1 = 【サタンヘルム】
【アポロンのかんむり】×1 = 【ドクロのかぶと】
【くらやみのミトン】×1 【よるのとばり】×3 = 【やみわだのミトン】
【ソーサリーリング】×1 = 【ドクロのゆびわ】
【ラッキーペンダント】×1 = 【しにがみの首かざり】
ほとんどは呪いの装備品に戻すだけの無意味な錬金だが、それ以外にデーモンスピアとやみわだのミトンといった役立つ武具の作製にも使用可能。
また、だいあくまのムチは「呪いの装備をより強い呪いの装備にする」という珍しいパターンである。

落とす敵は【マミー】【ブラッドマミー】【ホラービースト】【ゲルニック将軍】(2回目)。
ただし、1度しか戦えないゲルニック将軍以外は、みなレアドロップとして所持しているため、盗むのは難しい。
あくまのしっぽと違い、このアイテムは【ピンクパール】×1+【あくまのタトゥー】×2+【あやかしそう】×3の錬金で作れるので、こちらを利用したほうが楽だろう。
また、すれちがい通信の人数によっては天使の泉で拾える。
配信クエストの1つ「【補習授業 15時間目】」の報酬(2回目以降)としても入手できるが、当該項目を見ればわかる通り凄まじく面倒なクエストなので割に合っているとは言えない。

店売りはされていないが、Wi-Fiショッピングで売り出されていたこともある。
ちなみに売値と買値は共に666G。見事なまでに悪魔の数字である。