※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョーカーに登場する、マップ出現マスターの一人。
グラフィックは老人で、かなり年季の入ったマスターの模様。
戦闘前の「若い芽は摘んでおかないとな!という台詞はちょっと悪役臭いが、
勝負に勝つとエロ本やバイキルミンをくれる、男性諸君にとってはありがたい爺様である。

【サンドロ島】の竜骨前、【デオドラン島】の北西の浜辺、【レガリス島】にたまに現われる。
火力偏重型のモンスターを3匹連れており、力技でこちらのパーティを粉砕しようとしてくる、かなり危険な相手である。
また、戦闘中にまふうじのこなを投げつけてくることもある。
武器を操るモンスターにこだわりがあるようで、珍しい剣技系スキルを所持していることが多い。
また、連れているモンスターの名前は「じょううん」など、古風な日本人名で統一されているのも特徴。

バトルGP参加登録後からレガリス島(南)攻略までは、レベルはあまり高くない。
この時期は【エビルドライブ】を必ずリーダーとして連れている。
その他には【スライムナイト】【おばけキャンドル】【サーベルきつね】【オーク】の中からランダムで2種類。
まだ敵のランクもレベルも高くないが、攻撃力はやはり高いので、油断はしないように。

レガリス島(南)攻略からバトルGPにゴールするまでになると、Bランクのモンスターの姿もちらほら見える。
この時期のリーダーは【さまようよろい】
その他の手持ちは【バードファイター】【ガーゴイル】【ぼうれい剣士】【ソードファントム】
最大レベルは15で、レガリス島の敵とレベルとしては同じくらいだが、強さは比べ物にならない。

バトルGPゴール後には、リーダーとして必ず【キラーアーマー】を連れているほか、稀に【しにがみきぞく】を連れていることもある。
ヨッドムア島の異変後では、しにがみきぞくの素材となるダークナイトが入手しづらくなるので、狙ってみても良いかも知れない。
他のモンスターは【ダンビラムーチョ】【しりょうのきし】【さまようよろい】
なお、マップ出現マスター全般に言えることだが、強さはこちらの手持ちモンスターのレベルに比例する。
GPゴール後は50レベルのモンスターまで連れている。
この時期にレベル50以上で挑もうものなら、ガルマッゾやアロマすら上回る強敵と化す。
こちらの手持ちの数によっても強さが変わるので、実は2匹で挑んだ方が楽だったりする。