※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョーカー2シリーズ及びテリワン3Dに登場する能力変化型の特性。
デフォルトで持つ者は無く、スキル「ブオーン」をマスターする事でのみ修得可。

DQMJ2,DQMJ2P

戦闘中にHPを1.5倍にする代わりに、攻撃力と守備力が1になってしまう。
データの見た目上では変化せず戦闘中のみ効果があるので、変動分は配合には影響しない。

普通に使うと難しい特性だが、攻撃力が1を逆に利用し、AI戦闘で体技を連発させる、手動でじごくの踊りを使わせるなどの使い道がある。
特に前者はイオかベタンブレイクを持つモンスターなら、基本的にブオーンのスキルについているがんせきおとししかしなくなるので、
確実に相手全体にダメージを与えてくれる上に、物理攻撃以外への耐久力が1.5倍になる。
その他、守備力が1になるのを利用して相手の通常攻撃を誘発してAIが予定していた行動をさせない、という利用方法もある。

ちなみに、これを利用して海王神にHPアップSP、守備力アップ2と3、すばやさアップ3とブオーンのスキルを持たせ、
これらを全てマスターさせると、最大HPを4357まで上げる事が出来る。

なお、プロフェッショナル版では物理攻撃のダメージ上限が999になったので利用価値が上がった。
999ダメージを食らってしまう前提なら守備力が下がろうと関係なく、HPを上げた方が結果的に耐えられる確率は高い。
攻撃や守備が最初から低いモンスターなら問題なくつけられる。場合によってはHPSPより有用。

テリワン3D

戦闘開始時に最大HPと残りHPを1.5倍にするが、攻撃力とすばやさが半分になる効果に変更された(武器や特性による増加分は半分に
ならない)。
前作同様、ブオーンのスキルでのみ習得可能。前作とほぼ同じ効果でデメリットが幾分和らいでいるが、ブオーンのスキルでマイナス
特性の「ウトウト」を習得してしまう為、若干使い辛くなっている(眠りがプラスに働く「ねがえり」持ちに覚えさせるといい)。