※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅸで登場したモンスター。
大きな葉っぱを背負った、踊りの得意なタヌキ。
上位種には【メイジポンポコ】【ブラックタヌー】【ゴールドタヌ】が存在する。

DQⅨ

東セントシュタインに出現。
誘う踊りを踊るほか、よく逃げる。葉っぱで攻撃を盾ガードすることも。
系統でコイツだけ呪文が使えないが、なぜかMPを4持っている。
杖で殴ればMP回復に使えるぞ。

スラもり3

モジャパンじょうにのみ出現する。
何らかのアイテムに化けており、近付くと正体を現して手に持った葉っぱで攻撃してくる。
色々なアイテムに化ける能力から、ミミックの立場を危うくしたモンスターである。
何度も出入りすると違うアイテムに変わるため見分けられる。
もっとも、そんなことするくらいならさっさと攻撃したほうがいいが。
船バトルでは【なかまを かいふく!】と、固有作戦の【たまに ばけろ!】?を命令できる。

DQMBⅡL

レジェンド第二章後期で敵チームのみで先行登場し、レジェンド第三章「怒れる大地」でカード化された。
ステータスはHP:538 ちから:53 かしこさ:97 みのまもり:46 すばやさ:71。
使える技は「ばける」と「たつまきおこし」。
前者は敵単体に化けて相手の技を使う技。狸は人を化かすというイメージからこれが使えるのだろう。【モシャス】とは別の耐性になっている。
後者は自分の持つ葉っぱで竜巻を起こして相手全体を攻撃する。モシャスが成功できないと攻撃すらできない【マネマネ】よりは使いやすい。

勇者と組むと、たつまきおこしが「ポンポコダンス」になる。これは呪文守備力を下げるか相手を一回休みにするかランダムに決まる得意の踊り攻撃である。
また、行動封じにも3種類あり、【プチアーノン】のかわいいおどり、【びっくりサタン】のさそうおどり、そしてSPカード【ゆうわくの踊り】の効果がある。そのため、高確率で相手を封じる技と捉えるべき。
しかし、こうなるとマネマネ同様、直接的な攻撃技が無くなるので、技を変える時は慎重に。
踊りを使える割に、踊り全般に対して全く耐性が無い。