※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するキャラクター。
過去のダーマシナリオに登場する人物で、【ネリス】の弟。
普段は病弱な姉と共に【ふきだまりの町】に住んでいる。
ちょっと過剰な姉思いのシスコン気味で、姉に言い寄る【カシム】を目の敵にしていた。
【勇者を目指す戦士】魂砕き事件に巻き込まれ、姉をかばって魂を砕かれる。
後に魔物に操られてカシムに襲いかかったものの、カシムの機転によって魂は戻され正気を取り戻す。

その後、【ダーマ神殿地下の決闘場】にて姉のネリスが自分の魂を砕いた戦士の魂を砕こうと決闘に参加していることを知り、
自らも参加を決意。主人公たちと共闘関係を結び、共に決闘場での闘いに参加することになる。
NPCとして参戦する戦闘では、通常攻撃の他にイオやスカラ、ベホイミを使い、なかなか頼りになる。
特に全体攻撃のイオは対戦者+魔物3匹が相手の決闘では唱えてくれるとありがたい。
3DS版では、NPCの仕様でたまに放つ会心の一撃で200以上のダメージを叩き出す事があり、狂気の姉さえも軽く吹っ飛ばしてしまう事も。

なお、ダーマ解放後は戦士に転職してから武具を買い揃えている。
戦士となって多少危険でも身入りの良い仕事をし、姉を支えていく……そう意気込んでいたのだが、
直後に自分が尽くすことそのものが姉に余計な心配を掛けてしまっていることに気付く。
そしてネリスのことをカシムに任せるような形で、彼女には別れを告げることもなく一人でどこかへと旅立ってしまう。
【ジャン】【レブレサックの神父】など、何らかの形でその後の足取りが描かれるキャラクターもⅦには多いのだが、
今後ザジらしき人物を見かけることはない。一体どこへ向かったのだろうか……。


ちなみに、実はイラストが存在している。
ゲーム中のドット絵だと割と細いし、姉が美人という設定なので、
こいつもそれなりに美男子かと思いきや……?
ガボの顔型に主人公の顔パーツを貼り合わせたようなその顔は、意外と衝撃的である。
美男美女の姉弟だとミレーユ&テリーとイメージが被るからなのだろうか。