※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【メタッピー】の上位種で【アイアンクック】の下位種。
水色と白のカラーリング。

DQⅧ

パルミド地方やアスカンタ地方の道外れに出現する。
放って置くと全体攻撃の【するどいやいば】を何度も使ってきて結構厄介。
守備力は111と周囲のモンスターの3倍近い高さを誇り、その割にHPも32とそれなりの高さがある。
かなり硬く しかもバギ系に完全耐性があるが、イオ系呪文は比較的よく効くのでそれで攻めよう。
驚かせても逃げないが、勝手に逃げることはある。
落とすアイテムは通常枠で【鉄のクギ】、レア枠で【ダガーナイフ】

錬金に重宝する鉄のクギを落とすため、Ⅷ発売直後は割と有名だった。

DQⅨ

べクセリア地方に出現する。
Ⅷと比べるとステータスが若干下がっており、
また使用する【バードカッター】も性質はするどいやいばとほぼ同じものの威力が下がっている。
とはいえ、バードカッターはダメージの軽減が難しいため地味に痛いことに変わりはない。
落とすアイテムは通常枠で【キメラのつばさ】、レア枠で【てつのくぎ】

DQⅦ

トクベツなモンスターとして登場。初登場は「Vジャンプ空からの導き」。
この石版に登場する中では最も弱いが、比較的威力のある【かまいたち】を使う事がある。
それでも全体攻撃等が無い分、歴代のこいつの中では最も素直で対処しやすいだろう。
ドロップは【アサシンダガー】

少年ヤンガス

何故か鳥系になり、仲間を大量に呼ぶようになっている。
プレイヤーと隣接していなくてもどんどん仲間を呼んでくるため非常に危険。
大部屋の巻物なんか読んで、階段が向こう側にあったら大変である。
ドラゴンキッズに氷漬けにされている最中に赤点が増えていくのはよくあることである。