※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

単体

Ⅳに登場する状態変化。
該当者の周囲を紫の霧で包み、該当者へ向けられた呪文を完全に無効化する。
【マホカンタ】では防げないメガンテも、これなら回避可能。
ただし味方が唱えた呪文まで無効化してしまう点には注意。

【マホステ】のほか、【はぐれメタルのたて】を道具として使うことで発生する。

味方からの呪文まで無効になってしまうので、自力で回復できないキャラをこの状態にしないように。
自分が唱えた呪文は無効化しないので、自力で回復できるキャラにとっては強力な防護壁になる。

空間

DQⅣ以降に登場する、空間全体における状態変化。
空間全てが霧に包まれ、解除しない限り敵味方全員が一切の呪文を使えなくなる。
空間が対象となっているが、通常の状態変化と同様に【いてつくはどう】で解除することができる。

敵味方に限らず、【ふしぎなきり】【くろいきり】【あやしいきり】【ギガジャティス】などが使用されると、この効果が発生する。

主に敵が使ってきて、こちらの回復手段などを封じてくる。
DQⅤの【エビルスピリッツ】は、黒い霧でこちらの回復呪文を封じた直後に戦いのドラムを使うという、凶悪なコンボを仕掛けてくる。

初期のDQMでも相手の回復を封じる手段として、対戦でよく使われていた。