※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

一つ目と口がくっついた青リンゴのモンスター。
上位種に【エビルアップル】がいる。

DQⅤ

【妖精の村】周辺や【ドワーフの洞窟】に出現する。
【ラリホー】を使い、その間に攻撃してくる。とにかくこのラリホーが鬱陶しい。
【マヌーサ】を使う【マッドプラント】と出てこられると更に戦況が悪化する。
とにかく行動される前に、【ブーメラン】で一気に片付けてしまいたいところ。
ちなみに、リメイクでの攻撃音はリンゴをかじった時の音である。リンゴなのはお前の方ではないのか…?

リメイク版

仲間に出来るようになった(【ガップル】を参照)。
だが、低いパラメータの割に加入時期が妖精の世界と非常に遅く、【オープントレイ技】でも使わない限り役に立たないだろう。
さらに全仲間モンスター中で耐性が最低と、いいとこ全くなしという有様。
DS版においても全く改善されておらず、仲間としての存在意義がまるでない、とにかく哀れな奴である。
プレイヤーからは【今更四天王】なるありがたくない称号まで貰ってしまう始末。

DQⅦ(3DS版)

【トクベツなモンスター】No.108。
【すれちがい石版】の公式定期配信石版No.2【腹ペコまつり】に登場する。
落とすアイテムは【キメラのつばさ】
【あやしいきり】を使う【パンプキンおじさん】とセットで出ることが多いため、ラリホーが脅威にならない。
それどころか、【マリベル】の通常攻撃で倒せるくらい雑魚の時期に戦うことになると思われる。苦戦する要素が無い。

一匹目 二匹目 三匹目
3DS版での名前 ガップル ラフラン ガプガプ

DQM、DQM2

植物系×悪魔系の基本配合で誕生。
コイツ自体は大して強くないが、ドラゴン系と配合することで
上級のドラゴン系モンスターである【アンドレアル】となるので乱獲される。
更にPS版では山積みにされていたりと、何かと存在感が増している。
本編での扱いがまるで嘘のようである。

剣神

じんめんじゅが落っことしてくる。
扱いが「星のカービィ」に登場するウイスピーウッズのりんごである。
ちなみに本作のモンスターは初出組を除けば基本的にⅣまでに初登場したモンスターだが、唯一コイツだけはそれ以降の作品からの登場である。