※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQMJ2

ジョーカー2で初登場したモンスター。
ゾンビ系のAランクで、Mサイズ(2枠)のモンスター。
山羊の骨の顔を持つ魔術師といった風貌で、デスタムーア第一形態みたいに両脇に水晶玉みたいなものを浮かべている。
ガイドブックでも「ヤギのような頭」と書かれていたため、黄道十二星座の山羊座がモチーフと思われていたが、プロフェッショナルで【カプリゴン】が登場したことにより、実際のモチーフは牡羊座であったことが判明する。名前の由来はデス(死)とエクソシスト。

出現場所は魔界の遺跡エリア(ゾンビ系の柱がある場所)のみで、テレポートで出たり消えたりしている。
敵としてもギラ系呪文やザラキ等でこちらを苦しめるので、だいまどうのコインを持ってスカウトに臨もう。

味方としては賢さとMPが非常に高く、ギラブレイクとギラ系のコツの特性を両方持つ点を活かす戦い方が主体になるだろう。
攻撃力は480と低いが、守備力やHPも不安が残るので、耐久性を補った方が良いかもしれない。
攻撃呪文もあのワイトキングと同等の耐性があるが、状態異常は即死以外には耐性が無く、マインドに弱いので注意。
マリンデュエル、じごくのマドンナ、アサシンブロスのうちのいずれかとワイトキングを配合することでも生まれる。
とはいえ、ワイトキングを作るのは少々面倒なので、直接捕まえた方が早い。
スキルは固有の【デスソシスト(スキル)】