※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQMJ

モンスターズジョーカーシリーズにおいて採用されたシステム。
スカウトリングを掲げることで、自軍のモンスターに不思議な力が宿り、敵にスカウトアタックを加える。
このとき、HPへのダメージは無く、代わりにパーセンテージが表示されるのだが、これがスカウトの成功率の目安である。
スカウトが成功すれば、無事に敵のモンスターが仲間になるというわけだ。

成功率は主にこちらの攻撃力の高さと相手の守備力が影響するので、バイキルトやルカニを使うと成功しやすくなる。
通常攻撃と同様、会心の一撃が発生してスカウト率が増えることもあれば、攻撃をミスしてパーセンテージが増えないこともある。
このため、特にマヌーサ状態でのスカウトアタックは避けた方が賢明だろう。
また、テンションを上げることで、成功率を飛躍的に上げることができる。

特にマップ毎のレアモンスターや後半のモンスターは、スカウトの成功率が非常に低く、【テンションアップ】がほぼ必須となる。
スカウトに失敗すると、相手のターンとなって攻撃を受けることになるのだが、このとき敵のモンスターが怒り出し、テンションが上がってしまうことがある。
怒り出した場合は、残念ながらその戦闘でのスカウトは諦めなければならない。
ボス戦ではスカウトのコマンドそのものが選択できなくなっている。

1では、フィールド上で出会う他国マスターが、稀にスカウトアタックを仕掛けてくることがある。
こちらのスカウトアタックと同様にパーセンテージが表示されるが、敵のスカウトアタックは必ず失敗するので、安心して良い。
それどころか、スカウトが失敗したことによって、こちらのモンスターが怒ってテンションが上昇し、戦況が有利になることもあるので、むしろ喜んでよい。
逆にこちらから他国マスターのモンスターをスカウトすることは可能なので、狙ってみても良いだろう。

テリワン3D

M1のリメイクであるテリワン3Dでもこちらのシステムが採用された。
J2Pまではしもふり肉しかなく、上昇率も10%と低かった肉システムもリメイク前と同様に採用されており
こちらの攻撃力が低くとも肉があればかなりの成功率を出すことが可能となった。
また、スカウトアタックに失敗しても肉を与えておけばリメイク前同様、戦闘後に起き上がる事がある。