※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

敵を混乱させる属性。

概要

→状態変化【混乱】
序盤〜中盤にかけては有効な敵が多い。逆に終盤になると効きにくい敵が増えてくる。
DQⅧの裏ダンジョンで非常に有効なのが有名。混乱の効果自体も強い。

敵が使うメダパニは単体対象になることが多い(DQⅦを除く)中、
メダパニダンスはグループ対象のままであり、封じる手段も少ないので、非常に厄介。
踊り封じが有効なことが多いので、覚えていればすぐに封じよう。

該当呪文


メダパニがDQⅢで初登場。メタル狩りにも力を発揮した。
DQⅣ以前では効果範囲が敵単体だったが、DQⅤ以降では敵グループに強化された。

メダパニーマはメダパニの上位版。最近の作品で登場した。
他の補助呪文の効果範囲が敵グループに留まっている中、それを差し置いてメダパニ系だけは敵全体に効果がある呪文が登場。
混乱自体の効果も高いので、他の補助呪文よりも強力であると言える。
シリーズを経るごとに優遇され、強化されてきた呪文系統である。

なお、ジョーカーではなぜか名称が「メダパーニャ」に変更されている。

該当特技


メダパニダンスは無消費でメダパニと同じ効果。
精神力を使わずに、めちゃくちゃな踊りで敵を混乱させるとは、一体どういう原理なのか気になるところだが、
それはともかく、かなり強力であり、メダパニの存在価値を完全に奪ってしまった。
その強力すぎる効果のせいか、DQⅧでは修正され、味方の使い手は居なくなった。

へんてこ斬りも、地味だが強力。
PS版では何故か武器の攻撃範囲が適用され、鞭を装備すれば敵グループに、ブーメランを装備すれば敵全体に攻撃できる。
3DS版では効果範囲がグループ化。武器の影響は受けななくなったが、完全にメダパニダンスの上位互換となった。

セクシービームは、ダメージもメダパニ耐性が計算式に含まれているので、メダパニに強い敵にはダメージも小さくなる。

該当道具