※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョーカー2プロフェッショナル及びテリワン3Dにおけるシステム。
戦闘中にモンスターが特定の方法で状態変化を受けたりダメージを受けると、一定確率でテンションが1段階上がる。
テンションが溜まった時の変化については【テンション変化状態】【テンションシステム】を参照。
確率は一部を除けば高くないため戦術に組み込むのは難しいが、うまくいけば一発逆転が狙えることがある。

系統別のテンションが上がる条件や確率については以下の通り。
なお、表記されている確率はSサイズモンスターのもので、Mサイズなら2倍、Gサイズなら3倍の確率で発動。
野生モンスターの場合はナチュラルバーンは3分の2、それ以外は半分の確率でしか発動しない。

また、テリワン3Dでは図書館の本に各系統のモンスターの特徴が書かれており、
系統テンションバーンの発動条件に関する記述もある。

系統別発動条件と確率

スライムバーン スライム系モンスターが該当。状態異常やステータス低下を受けると発動。
不利な効果を受けるためか確率は20%と高いが、眠りなどの動けない状態異常の場合は意味が無く、
混乱に至っては状況が悪化する。
ドラゴンバーン ドラゴン系モンスターが該当。相手がバイキルトなどの有利な効果を受けると発動。
強化を許すためか確率は20%と高め。ドラゴン系が相手にいる場合は不用意な味方の強化は控えよう。
ナチュラルバーン 自然系モンスターが該当。相手がHPやMPを回復する効果を受けると発動。
発動確率は15%。自然系モンスターが相手にいる場合に回復するときは要注意。
ビーストバーン 魔獣系モンスターが該当。自分が通常攻撃や斬撃系特技、剣の舞でダメージを受けると発動。
発動確率は5%と低いが、受ける頻度は高いため結構発動する。
マテリアルバーン 物質系モンスターが該当。自分がバイキルトなどの有利な効果を受けると発動。
発動確率は5%と低いが、強化した上にテンションまで上がる可能性があるので狙ってみよう。
デビルバーン 悪魔系モンスターが該当。自分が呪文や息、体技でダメージを受けると発動。
発動確率は5%と低く、物理系ダメージほど頻度は高くないのであまりありがたくないかもしれない。
なお、マホトラなどによってMPにダメージを受けた場合でも発動することがある。
ゾンビバーン ゾンビ系モンスターが該当。敵味方問わず、誰かが死亡すると発動。
発動確率は10%で、こちらに発動すればダメ押しだが、相手に発動すると泣きっ面に蜂。
ワンダーバーン ???系モンスターが該当。敵味方問わず、誰かが復活すると発動。
発動確率は20%と高いが、相手には復活を許してしまうことがあるので期待しないほうがよい。
発動タイミングは復活した後なので、自分がリザオラルや天使の気まぐれで復活した時にも発動する。