※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

DQⅡなどに登場するキャラクター。
同名のキャラクターはロトシリーズ、天空シリーズをまたいで度々登場するので、DQ世界ではポピュラーな名前なのかもしれない。

DQⅡ (FC・MSX・MSX2版)

【ペルポイ】の地下街に下りるとすぐにいる女性。町の名前を教えてくれる。
町の歌姫でもあり、話しかけるとBGMを【Love Song 探して】に変更する。
プレイヤーの多くはこれを聞きながら町を探索することとなる(通常、同時に【ラゴス】も探していくことになる)。

現実に『Love Song 探して』を歌った歌手(当時)【牧野アンナ】がモデルであり、このレコードの販促キャンペーンのために用意されたキャラクター。
なお、リメイク版にも同一人物とおぼしきキャラクターは居るのだが、彼女は名前を名乗らず、歌うこともない。
すっかり【ここは○○の町ですキャラ】になってしまった。
ちなみに話しかけるとペルポイの町のあらましを教えてくれる。

DQⅢ(リメイク版)

バークの町(商人がパーティに復帰する段階)のちびっこのど自慢大会の出場者の少女。
FC版では【鉄腕アトム】を歌っていたが、リメイク版では次のようなオリジナルの曲を歌うようになった。
アンナ「わたしの~ すてきな~ おうじさ~ま~♪
アンナ「はやく~ わ~たしを~ む~かえ~に きて~♪
なんとなく意味深な歌詞であるが、こちらのモデルも牧野アンナであろうか?
そして果たして“すてきな王子様”は迎えに来てくれたのだろうか?

DQⅣ(PS版)

移民として登場する女の子。
「幸せの青い花」を探しているらしい。
町が最大まで成長すると「幸せの青い花を見つけた」らしく青い花を探す理由を教えてくれるが、
「これであと50年は若さを保てるわ」「わたしのトシが100歳以上だって言ったら、信じる?」
…世界は広い。

DQⅥ

【牢獄の町】に囚われているシスター。
不思議な声で希望を説いて皆を励まし、「シスターアンナ」と慕われていたのだが、それがあだとなり【アクバー】にその身を狙われる。
アクバーは彼女に悪魔の魂を植えつけて妻にしようという、まさに外道な計画をもくろむが、それを良しとしない反乱軍と主人公一行によってその計画は阻止される。
しかし、その後はデスタムーアの力によって、他の人々同様に石化してしまう。

余談だが、アクバー戦で一度全滅してから再戦に行くと、生きた幼虫をシスターアンナに飲ませようとする敵の姿が見られる。
そんな時にも声一つあげない彼女は大変肝が据わっていると見るべきだろう。