※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルネコ3におけるモンスターの成長タイプ。
トルネコ3のモンスターは8つの成長タイプに分かれており、能力の上昇値は成長タイプによって固定されている。
このタイプはレベルアップが早く、HPと攻撃力が順調に成長していく。
しかし、Lv15を越えた辺りから成長率が悪くなっていき、防御力はLv30で頭打ちとなる。
スライム、ドラキー、ホイミスライム等がこのタイプに属する。
ストーリーでの使い勝手は抜群で、異世界においても序盤はスライムベスやももんじゃ、
中盤からはメイジももんじゃやハエまどうが大活躍してくれる。
しかし、この2匹より強いモンスターはレベル上限が低かったり(くさった死体系、がいこつ剣士系、スライムベホマズン)
連れ歩くには不向きな特殊能力を持っていたり(リビングハンマー系、プラチナキング)とどうにも癖が強い。
それでも、死体系やがいこつ剣士系はダンジョンによっては短期間ではあるが活躍が見込めたりする。
リビングハンマーは育てればエリミネーターやフライングデビルに勝るとも劣らない能力値になるため、
封印状態にしたり命令をとくぎつかうなにして自爆を封じる必要があるものの、異世界の迷宮での運用も不可能では無い。
全成長タイプの中でも屈指の使いやすさを誇るが、使い勝手が良い者はほとんどが序盤のモンスターなのが欠点といえる。