※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

3章で【ロレンス】と同様にトルネコの傭兵として登場する用心棒。400Gで5日間雇うことができる。
戦士タイプで呪文は使えないが、攻撃力とHPに優れている。
犬が苦手らしく、【トーマス】を連れていると仲間にできず、四人パーティは組めない。

リメイク版では会話システムによる多数の台詞と、ミネアの占いに関する会話が追加されている。
また、FC版で8だった素早さはリメイク版で15に上昇。
それに伴い上がった守備力の調整のためか、鎧がせいどうのよろいからくさりかたびらにランクダウンしている。
結果守備力は33→29となり、詩人のロレンスと4しか変わらないことに。それでいいのか用心棒。

ゲーム中では普通の戦士風の口調だが、小説版では田舎訛りのユーモラスなキャラになっている。
余談だが、FC版のガイドブックにて「剣を使わせたら右に出る者のない傭兵」と紹介されているが、実際にゲーム内で彼が装備しているのは【てつのやり】である。

DS版Ⅵでも【デスコッド】でのパノンとの会話に名前のみ登場。
パノンの用心棒を買いデスコッドで待ち合わせしていたが、待ち合わせ場所に来るだけで5日間かかったため到着した途端に帰ってしまった模様。
アークボルト兵にも同名人物が登場するが別人。
ちなみにパノンも同名の人物がいるがデスコッドにいるのはⅣのパノンである。

DQⅥ

【アークボルト】の兵士にして中ボス。魔物討伐選定試験の二番手。
【デビルアーマー】の色違いで、色はアークボルトの兵士共通して灰色。
【ホリディ】とコンビで現れ、主に補助を担当。
能力値は他の兵士に比べて低めだが、ベホマラー、バイキルト、ルカナンといった強力な呪文を使いこなす。
攻撃自体はあまりしてこないが、ときどき捨て身で攻めてくるので注意。
相方のホリディ共々メラミ(ほのおのツメ)が有効で、マヌーサもたまにだが効く場合があるので有効に活用したい。
その代わり、ルカニやマホトーンは通用しない。
立ち回りの関係上先に片付けてしまいたい所だが、ホリディがみがわりで庇うので、なかなか攻撃が当たらない事も。
スクルトを重ね掛けすれば怖くないので、先にスコットを倒すのも手である。

HP1200 MP無限 攻85 守72 早20
スコット ルカナン バイキルト 捨て身 ルカナン 通常攻撃 ベホマラー
ホリディ 通常攻撃 通常攻撃 身代わり 防御 疾風突き 身代わり

抜群のコンビネーションを取り、特に捨て身で攻撃するターンにホリディが庇ってくるのが秀逸。
本編ラストの中ボスコンビも見習ってほしいものである。

頭脳派の戦士であるためか、稀に【かしこさのたね】を落とす。