※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

SFC版Vで確認されているバグ。
後述するようにこのバグによる被害はDQ5発売当初からあったと思われるが、原因が解明されたのは
ひとしこのみの発見と同様、ネットの時代になって本格的な解析が行われてからである。

その内容は、 敵の残りHPが2047になるとそれ以上減らなくなり、絶対に倒すことができなくなる というとんでもない物。
これは、MPに無限があるように、HPにも「HP2047=無限」と設定されているためである。
おそらく開発途中で存在していたHP無限の敵が何らかの理由により取りやめになったが、
この無限設定だけが消すのを忘れられて残ってしまったものと考えられている。

HPが無限になる可能性がある敵(=HPが2047以上の敵)は、
ブオーン」「ゲマ(2)」「イブール」「ミルドラース(2)」「エスターク」の5体。

ミルドラースはHPが2047になっても【めいそう】で回復することにより無敵状態から脱出してくれるが、
それ以外の敵でHPが無限になってしまうとどうしようもない。
一応、【パルプンテ】の敵味方全回復や、【ときのすな】で無かったことにすることででバグを抜け出せることが確認されているが、
そもそも通常プレイではバグに引っかかっている事に気づくことが困難である。
いくらダメージを与えても倒せない敵を相手に、最後はジリ貧で全滅することになるだろう。

なお、HPがキッチリ2047になるなどそうそう起こり得ない事のようにも思えるが、
1回の攻撃で100前後のダメージを与えた場合でも、一戦につき単純計算で1/100程度の確率でHP2047を踏む事になる。
スカラで固くなったブオーンをチマチマ削ったりすると、より危険である。
さらに該当する敵が5体もいるのだから、おそらくはプレイヤー全体の数パーセント、
つまり十万人単位のプレイヤーがそれと知らずにこのバグにハマり、涙を飲んだものと思われる。

一部で、「イブールの本がないとイブールが無敵になって倒せない」などというデマが流れた直接の原因であり、
ブオーンが強ボスとして名を馳せたのも、案外このバグにその理由の一端があるのかもしれない。
それでもミルドラースが定期的に瞑想をするよう設定したことは不幸中の幸いであった。
ラスボスが倒せないバグという事であったなら、もっと早くにドラクエ史上最悪バグとして名を残していたかもしれない。