※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パーティメンバー:DQⅧ
【主人公】【ヤンガス】―【ゼシカ】―【ククール】

DQⅧ

パーティの一員。
DQ史上最強の巨乳を誇るナイスバディが何よりの特徴。
ステータス・習得呪文共に典型的かつ強力な魔法使いである。

彼女の旅

フルネームはゼシカ・アルバート。
【リーザス】村の名家アルバート家の長女。
七賢者の内の一人である【シャマル】の子孫であり、賢者の力を受け継いだ【サーベルト】を兄に持つ。
主人公達と旅をする事になる、3人目のパーティーメンバー。

兄サーベルトを【ドルマゲス】に殺害され、復讐のために自宅を出奔。
港町【ポルトリンク】へ向かうも、海の魔物が凶暴化しているという理由で船が出せず、足止めを食らってしまう。
主人公とヤンガスが怪物【オセアーノン】を大人しくしたことで一旦ポルトリンクへ戻るが、
主人公達の旅の目的が自分と同じである事を知り、3人目の仲間として旅路に加わる事になる。
その後は幾度となく仇敵【ドルマゲス】に追い付くもその度に逃げられ、その間に次々と七賢者の子孫は殺されていく。
だが長い道程の末に【闇の遺跡】でドルマゲスを遂に倒し、兄の敵を討つ事ができた。

ところが、ドルマゲスが砂と化し崩れ去った後に残っていた彼の杖を握った事で、
杖に封印されていた全ての元凶、暗黒神ラプソーンに操られてしまう。
【リブルアーチ】に居る七賢者の子孫の一人【チェルス】を殺害しようとしたところで、
【呪われしゼシカ】として主人公達と対峙する事に。
主人公達によって正気に戻されるも操られた時の記憶は残っており、ラプソーンの事を主人公達に教える。
その後は神鳥レティスや仲間と共にラプソーンを打ち倒し、故郷であるリーザス村に帰って行った。

また、北米版ではエンディング中に、仲間3人がラプソーンを倒してからトロデーン城で再会するまでの空白期間の動向が分かるセリフが追加されているが
旅をする事でしばらく間を置いたのが互いに幸いし、母親と仲直り出来たとのこと。更に、ヤンガスとゲルダが組んで何か始めた事を教えてくれ(その前にヤンガス自身が同じく追加されたセリフで商売を始めた事を言うが、誰と組んだかは明言していない)、二人の間に何があったのかと怪しんでる様子。

性格・容姿

髪型はツインテールで、赤茶色の長髪を左右のポニーテールでまとめている。
身長は主人公より若干低い程度と思われ、4人中3番目と見られる。
私服以外を着用すると、グラフィックがバストが強調された服に変わる事が多い(後述)。

兄の敵を討つと誓った際に母親と大喧嘩を繰り広げる場面からは、一度決めた事は決して曲げない頑固さが見て取れる。
また、一連のククールとのやり取りから見るに、チャラチャラして奔放な性格の人間は好きではない様子。
【マルチェロ】を「嫌味人間」と言い放つなど、自分の嫌いなタイプの人間に対してはとことん強硬かつ露骨な態度を取る。
一方で、ラプソーンの支配から解放されて仲間に再加入する時には、主人公に「これからも宜しくお願いします」
と頭を下げたり(但し、その直後の問い掛けに対する返答によっては少々キレる)、
ボロボロになったマルチェロが去っていく時には、「あんな酷い怪我してるのに何もしなくていいの?」と
ククールに対して言い寄るなど、それまでの強気な様相とは全く違う態度も垣間見られる。
故郷のリーザス村には弟分(?)の【ポルク】【マルク】がいて、2人からはとことん慕われている。

だがやはり、道行く男たちの目を確実に奪うであろう豊満なバストをはじめとするあの体形を無視しては、彼女は語れないだろう。
通常のグラフィックでさえ胸の上半分が出ている服を常に着用しているというのに、
【ゼシカの普段着】【おどりこのふく】【まほうのビキニ】【あぶないビスチェ】【バニースーツ】(+【あみタイツ】【うさみみバンド】)、【しんぴのビスチェ】
いずれかを装備させると、それぞれの鎧に応じてグラフィックが変わる。
普段着以外ことごとく【セクハラ装備】。よく町中を平然と歩けるものだ。

これだけで否が応にも興奮させられるのだが、それを駄目押しするかの如く、走った後しばらく胸が揺れ続けるのだ。
これらのせいでゲームに集中できなかったプレイヤーもかなり居る事だろう。
本当に全年齢対象のゲームなのか疑いたくもなる。
本来のヒロインである【ミーティア】姫のお株をほぼ奪った張本人とも言える。
恐らく、Ⅳのマーニャと並んでDQ史上最もエロティックな外見に、蠱惑的なフェロモンを振り撒いたキャラクターと言えるだろう。
なおここまで色気を前面に出したキャラデザインになった理由について、鳥山明氏は
「毎回女性キャラは『もっとセクシーにしろ』とリテイクを出されるので、今回は言われる前にそうした」と語っている。

戦闘能力

総評

彼女は攻撃、補助に関してのスペシャリストである。
数々の攻撃呪文、ムチでの攻撃も強力で殲滅力に優れる他、補助呪文も豊富で有用。
ただ、ボス戦では役割が多い。有用な補助呪文のほとんどがゼシカ専用なので、とにかく忙しいのだ。
そんなわけで、ゼシカは今日もフバーハ、ピオリム、バイキルト、ルカニと、補助呪文を使い続けるのであった。
【双竜打ち】のおかげでアタッカーとしても間違いなく大エース様々なのだが、
ボス戦になると補助呪文で忙しいために、主人公やヤンガスに比べると攻撃する機会が少ないのが残念と言えば残念。

ステータス・装備

HPと力が最も低く素早さと賢さ、MPが最も高い、典型的な魔法使いタイプ。
中盤でパーティーから一時離脱する上に成長も遅いので、レベルの伸びは他の3人より多少遅れる。
直接攻撃では鞭、短剣と杖を扱う事ができ、強力な武器(特に鞭)を装備させてテンションを上げれば、
打撃の面でも他の3人に劣らないような活躍を見せる。

Ⅷでは敵もぱふぱふを使ってくるが、当然彼女には効く事は無い。
それどころか「勝利の笑みを浮かべている!」となる。
バギ・岩石・強打系の技に素で耐性を持っており、それらで受けるダメージが他の3人に比べて少ないのも特徴。
ただ、パーティ内で唯一、(ぱふぱふを除く)補助系に対しての耐性上乗せが無い。
そのため、状態異常に陥ったり、行動を封じられたりする頻度はやや多いと言える。
詳細は【メインキャラの耐性】参照。

習得呪文

習得LV 習得呪文
修得済み 【メラ】
修得済み 【ルカニ】
Lv10 【ヒャド】
Lv11 【ギラ】【リレミト】
Lv12 【ラリホー】
Lv14 【イオ】
Lv16 【ヒャダルコ】
Lv19 【バイキルト】
Lv20 【ベギラマ】
Lv21 【メラミ】
Lv23 【イオラ】
Lv25 【フバーハ】
Lv33 【イオナズン】
Lv35 【メラゾーマ】
イベント 【ベギラゴン】
イベント 【マヒャド】

攻撃呪文はメラ・ギラ・イオ・ヒャド系全部を覚え、それらを駆使した攻撃で大活躍する。
Ⅷでは賢さの値が呪文の威力に反映されるので、呪文を覚えたての頃はダメージが少ないが、賢さが高くなればダメージも大きくなる。
補助呪文ではルカニ、ラリホー、バイキルト、フバーハを素で覚える。特にフバーハは重要。
スキルの育て方によってはさらに補助呪文が充実する。

スキル

スキルは【短剣スキル】【ムチスキル】【杖スキル】【格闘スキル】【おいろけ】の5つを持つ。
中盤までは杖、終盤はムチスキルが彼女の主力で、ここを上げるか否かで戦闘の難易度は大きく変わるだろう。
特に、グリンガムのムチを装備させての双竜打ちのチートっぷりは、男性陣の攻撃が全て霞んでしまうほどである。
お色気スキルを伸ばせば、モンスターが見とれて1ターン休みに出来たり、
DQお馴染みの「ぱふぱふ」を特技として使えたり、ヒップアタックによる強化攻撃もお手の物。
彼女のボディはまさに凶器である。
但し鞭を主力にしているのなら、あまり使われる事は無いと思われる。