※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅲ、Ⅳ、Ⅷ、Ⅸに登場する鎧のモンスター。
ボスやリメイク追加のモンスターを除けば、【さまようよろい】系の最上位種族。
鎧が赤いのは、通常の三倍の強さ…だからではなく、
倒してきた人間の返り血で染まったため(公式ガイドブック)らしい。

前述のとおりこの系統の最上位種、のはずなのだが、下位種と違って痛恨の一撃を出さない等、体感的なインパクトでは劣ることも多い。
その結果一時期【じごくのよろい】にポジションを奪われそうになったが、最近は盛り返している。
だから何だと思う人もいるだろうが、ドラクエでは一度冷遇されたもの(ベギラマとか)が再度厚遇されるのは極めて珍しい。

DQⅢ

【アープの塔】【サマンオサ】付近に出没。
高い攻撃力と守備力、そして呪文耐性を持ち、ルカナンでこちらの守備力を下げてくる。
1匹でも面倒なのに集団で出現する嫌な敵。
サマンオサ南の洞窟では【ベホマスライム】を多数引き連れていることもある。
ヒャド系呪文が必ず効くので、連発して倒してしまったほうが安全。
ドロップアイテムは【はがねのよろい】。こういうのをドロップと言うのだろうか?
下位種のじごくのよろいが鉄の鎧を落とす辺り、材質の差が戦闘力の差であるようだ。

DQⅣ

【スタンシアラ】【海辺の村】周辺に出没。ルカナンではなくラリホーマを使うようになっている。
集団で登場しやすく呪文耐性も高いままだが、無効化する呪文は少ない。
ステータスもそこまで高くなくなったが、なぜか魔界の【デスキャッスル】付近にも出没する。
この時点ではもう戦力外もいいところだが、魔界の戦士という設定なのだろうか。
落とすのはⅢと同じくはがねのよろい。

DQⅧ

砂漠や【リブルアーチ】南部などに出現する。通常攻撃のほか、ラリホーマを使う。
今作ではラリホーマの範囲が味方全体になっているので厄介だが、
自らの直接攻撃で起こしてしまうことが多い。
攻撃力や守備力は同時期の敵と比べるとかなり高いので、攻撃呪文中心で戦おう。
砂漠では、鎧の色のせいかひたすら暑苦しく感じるのはご愛嬌。
落とすアイテムは、兵士の剣かあつでのよろい。

DQⅨ

【ガナン帝国城】やその周辺などに出現する。やはり攻守共に高い。
ラリホーマの他、【やいばくだき】でこちらの攻撃力を下げようとしてくる。
ベホマスライムを呼んだりもするが、今作ではベホマスライムも相当強くなっているので注意。
【判断力】が最高で、こちら側のパーティーの2人以上が眠りに完全耐性を備えていると、
ラリホーマを使ってこなくなる(【目覚ましリング】装備か、耐性防具や【まもりのたて】の兼用で)。
また、【カデスのろうごく】では、こいつと強制戦闘になるイベントがある。
このイベントの個体は普通のやつより強いので注意。
必ずセントシュタインのルイーダの酒場から仲間を連れて来てから戦おう。
通常ドロップはまほうのよろいだが、レアでまもりのたねを所持している為、
【錬金大成功】を狙うプレイヤーに乱獲されることになる。

DQMJ

さまようよろいはゾンビ系なのになぜか悪魔系。剣の代わりにハルベルトを装備している。

不思議のダンジョンシリーズ

2以降に登場。本編シリーズと違い呪文は使わず、純粋なパワータイプ。
2での強さはさまようよろいとじごくのよろいの間で、【邪悪な箱】戦の一歩手前の階によく出没する。
ホイミスライムも同じ階に出没する辺り、Ⅲでのベホマスライムとの関係を意識しているのかもしれない。
3では立ち位置そのままに、プレイヤーから一歩離れて待ちに徹する技巧を身に付ける。
少年ヤンガスで技巧そのままに、ようやくじごくのよろいの上に立つことができた。

ソード

クリア後に出現。
剣神度が100以上で、石版の洞窟の鏡を調べると戦うことが出来る隠しボスの1体。
二体一組で襲い掛かってくる。その為なのか名前が「キラーアーマーズ」となっており、
特徴として【ドラゴンスレイヤー】のような剣と嘆きの盾を装備している。
最初は片方が攻撃し、攻撃をしない片方は後ろに下がりベホマスライムを呼ぶ。
ベホマスライムは倒しても3回ほど呼ぶが、倒してしまったほうが展開が楽なので倒そう。
本気を出すとベホマスライムは呼ばなくなるが、2体で攻撃してくるので注意。
初回のみ【メタルキングの剣】を作るのに必要な【古びたつるぎ】を落とす。