※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

過去の【ダーマ神殿】シナリオに登場する地名。
ダーマ神殿でニセ神官に力を奪われた人々が落ちてくる町。
住民の心は荒みきっており、昼間から酒浸りの男がうろつき、裏通りではカツアゲが横行。
夜間は寝入っているところを襲って【魂砕き】をしようとする者がいるなど、おちおち眠ってもいられない。
町を取り仕切っている【スイフー】は魂砕きだけは禁止しているが、それでも魂砕きに挑む者が後を絶たない。
DQ史上有数の治安の悪さを誇る町である。
また、ここに来てしまうとしばらく現代に戻ることが出来なくなるので注意が必要。

この町の付近では【負けバトル】がスイフー戦と【イノップ】【ゴンズ】戦の2回もある上、ダーマ神殿までの道中も長く全滅しやすい。
呪文と特技が奪われているのでやたらとこちらが弱く、おまけに【フーラル】が仲間になるや否や裏切ってくれる。
町の陰鬱な空気と併せプレイヤーの精神力を削りまくってくれる素敵な町である。
こんな町なのにゴールド銀行はあるので、不安ならゴールドは預けておいた方が良いかも知れない。
この町では【とうぞくのカギ】【ねむりの杖】【みかわしの服】など便利なアイテムが売っているので、
上手くお金をやりくりしてこれらのアイテムを購入できれば今後の展開が少しは楽になるだろう。

現代では寂れ果てて廃墟になっており、神父が1人倒れている。が、話しかけてみるとなんと【山賊四人衆】との戦闘になる。
しかもこいつらがまた強く、転職可能になってすぐに行くと間違いなく全滅の憂き目にあう。
ちなみに、この地方に蔓延るこいつら山賊たちは、実は過去にこちらを全滅に追いやったスイフーに縁があったりもする。