※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルネコ3

トルネコ3に登場。
トルネコ達が漂流したバリナボの村の、族長ガムランの孫息子。
【イネス】の双子の弟で、イネスとは対称的にかなり子供っぽい所がある。
イネスの同行を断った場合、代わりにロサを連れて行く選択肢が出てくる。
その後の族長のしつこい忠告を無視すれば、晴れてロサを仲間にすることができる。
忠告通り冒険の難易度はかなり高くなるが、ロサを仲間にした場合でも族長に話せば、イネスと代えてもらうことができる。

実際に彼を連れてダンジョンに潜ると、HPと攻撃力はイネスより高く、
命令を【バッチリがんばれ】にした仲間と同様に動くため序盤はサクサク敵を倒してくれる。
レベルアップもイネスより早く、序盤は思ったよりも楽に旅を進められる。
が、レベルが上がっても防御力は一切上がらず、HPも途中から伸び悩む。
しかも、レベルが20までしか上がらない。進め方にもよるが、遺跡の大空洞・南に挑む頃には上限に達している可能性が高い。
イネスと違い、ガンガン敵に突っ込んでいくため、後の方のダンジョンではすぐにピンチになってしまう。
彼が倒れると冒険失敗となってしまうため、無視して先に進むこともできないのだ。

冒険の難易度が上がる要因はこれだけではない。
ロサを連れてダンジョンに潜ると、宝物と称したガラクタを10個も持たされるのだ!
持てるアイテムが半分になる訳だが、壷の持てる量を考えると、実質半分どころでは無い。
ダンジョン内で捨てることも可能だが、もちろんそんなことをロサが許すはずが無く、
怒りに燃えたロサは突然倍速状態になり、トルネコを殴り始めるようになる。
この時受けるダメージは固定ダメージであり、いくら盾を鍛えようが必ず10ダメージを受ける。
また、ロサの視界内にトルネコがいない場合は、なんとワープをしてくる。
このため【転びの石像】や、【グレイトマーマン】はロサを連れて行った場合は非常に危険となる。
目の前で宝物を保存の壷に入れた場合でも殴ってくる。どうやら彼は、アイテムを保存できる壷という概念を知らないようだ。
持たされる宝物には、「母の形見」という物もあるが、これを捨ててダンジョンから脱出した場合も、
次にダンジョンに潜る時はまた持たされる。本当に母の形見なのか疑わしい。

こんな彼でも、連れて行った時のメリットが2つある。
1つは、彼を連れてグレートバレイナ島に着くと、使用回数10回の【モノカの杖】を貰うことができる。
モノカの杖は、【いけにえのほら穴】以外で手に入らないアイテムだが、ロサをここまで連れて行く苦労を考えると
使用回数10回では少し物足りないかもしれない。
もう1つは、持たされる宝物の一つである「たからの地図」の説明を見ておくと、プチットの村で【印の盾】を見つけることができる。
印の盾は、封印の洞くつの80Fの宝部屋でしか手に入らないレアアイテム。
しかし、この盾は、異世界の迷宮の90Fの宝部屋でしか手に入らない【封の剣】が無いと効果を発揮しない。
印の盾を手に入れる難易度は封の剣を手に入れる難易度より遥かに低く、印の盾だけ簡単に手に入ってもあまり意味は無い。
と言っても、こちらは説明さえ見ておけば後はイネスに変えても取れるので、
縛りプレイなどのこだわりが無ければ、たからの地図の説明だけ見てイネスに代えるのがオススメ。

ロサの宝物一覧

武器、防具以外の全ての分類に1~3個ずつ存在する。

  • 指輪
  • 飛び道具
  • 食料
  • 巻物