※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

本作初登場の特技。魔法使いの固有スキル【まほう】のスキルポイントを68まで上げて覚える。
効果は使用者の【こうげき魔力】を2段階上げる。消費MPは5と【ぶきみなひかり】よりも安い。
持続時間は6~9ターンで、簡単に言えば呪文版のバイキルト。

例えば、攻撃魔力400の者が使えば2倍の800まで一時的に上昇する。
その効果は絶大で賢者やスーパースターの攻撃呪文を最大限に引き出すために半ば必須となる。
本編終盤の魔法使いでもまほうスキルを極めてこの特技を使えば、限界値近くの威力を叩き出すことが可能。
メラミならメラゾーマ級、イオラならイオナズンと同レベルの火力を引き出せる。

攻撃魔力は最大999でカンストのため、それ以上の威力は出ないものの非常に重宝する。
これと【やまびこのさとり】の相性は最高で、クリア後のボス戦では呪文アタッカーの必須戦術になる。
また【ギガスラッシュ】など一部の特技は攻撃魔力依存なので、威力を上げることも可能。

これを使った時の高レベル魔法使いは中級クラスの呪文であっさり100以上のダメージを叩き出す。
まるでどこかの大魔王のようである。

敵では【ようじゅつし】が使用するが、そもそも敵モンスターには攻撃魔力が設定されておらず、呪文は全て固定ダメージである。
つまり完全な【無駄行動】。いとあわれ。

DQMBV

DLC専用のSPカードとして登場。使用者は【ムーンブルクの王女】。まさかの3枚目である。
使用すると、味方全体の攻撃呪文の威力が上昇し、さらに相手の耐性を無視してダメージを与える事が出来るようになる。
呪文メンバーで組むとより恩恵を受けられる。

しかし、メタル系のスライムには攻撃呪文が無効なのでダメージを与えられず、【ベビーサタン】の技も対象外である点に注意。

なお、【レジェンドクエストⅡ】では必須カードなので必ず購入する事。