※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅡ

【サーベルウルフ】の上位種にあたるモンスター。ピンク色の獣。

この系統の最上位種だが、通常攻撃のみで、集中攻撃くらいしか特殊能力は無い。
しかし攻撃力と素早さはもちろん、サーベルウルフと違って守備力とHPも高いため、海底の洞窟では最大4匹で登場して、そのシンプルさで猛威を振るう。
ベギラマが弱く、しかも効き辛いFC版ではかなりの強敵となるだろう。
力押しのモンスターにしては珍しくラリホーが全く効かない。
スクルトやマヌーサでダメージを減らし、ルカナンで弱体化させたいところだが、FC版ではこれらの呪文の効果が異常に弱い。
集中攻撃を逆手にとり、狙われた1人はひたすら防御し、残る2人で確実に倒していくぐらいしかないだろう。
集中攻撃はローレシアの王子でも危ないので、できるだけHPは全快を維持しておきたい。
サマル王子がザラキ、ムーン王女がイオナズンをおぼえていれば楽なのだが…。
落とすアイテムはてつのやり。

また、【デルコンダル】で月の紋章を手に入れるにはコイツを倒さないといけないのだが、ここで出てくるのは1匹だけなので問題なく倒せる。
普通の野良犬グラフィックを使われているのが哀愁を誘う。ネコ科なのに。

なお、この種のモンスターは後の本編はもちろん、外伝シリーズにも一切登場しない。
元々外見が現実世界の動物由来で多少地味だったのもあったのだろうが、やはり【キラーパンサー】というアイドルに負けてしまった感がある。

それどころか、DQMBⅡでは【キラータイガー(DQMBⅡ)】なるピンク色のキラーパンサーまで現れた。
こいつはⅡのデルコンダル戦を再現するためだけのモンスターなので、地位や名前どころか、存在そのものまでもキラーパンサーに食われてしまったのだ。
現実世界でもサーベルタイガーは絶滅したというのに、まさか空想世界でも絶滅するとは…。
どこまでも哀れな奴である。

そして、バトルロードビクトリーでは、【キラーリカント】のように新規登場したモンスターが出たため、復活出来るかと思われたが、レジェンドクエストⅡのデルコンダルの戦いのシーンそのものが削除されたため、結局復活ならず。
果たして、再び最初の姿で復活する時は来るのだろうか。