※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルネコシリーズに登場する杖。
この杖の光弾を受けると【透明】状態になる。
敵が見えなくなった場合は、めぐすり草やシャドウの指輪などを利用しない限り視認できない。
1や2では、地獄耳の巻物やモンスターハウスなどの敵認識効果でも透明の敵を視認できる。
敵を透明にしても意味が無いのでマイナスアイテム……と思いきや、三作ともに使い道がある。

トルネコ1

もっと不思議のダンジョンで拾える。
使った時の見た目が【バシルーラの杖】と同じ(どちらもメッセージの類が一切表示されない)。
なのでシャドーに変化した場合の【へんげのつえ】と同様、識別を妨害する厄介な杖である。
しかし、実はおおめだまに振ると【にらみつけ】をしてこなくなる効果がある。
にらみつけても注目されないから無意味ということだろう。芸が細かい。
もっと不思議では有用なアイテムが少ないので、おおめだま限定の封印の杖としてそこそこ使える。

トルネコ2

もっと不思議のダンジョンで拾えるのは1と同じだが、エフェクトが変わり識別が容易になった。
水晶を利用して自分に向けて振ることにより、敵に見つからなくなる。この場合の効果は50ターン。
ただし、あまりにマニアックだったおかげか、おおめだまのにらみつけは封じられなくなった。
無敵技である【身代わりコンボ】を行うにおいても役に立つ。
戦士の場合は【とうめい】が同じ効果になり、習得にもこの杖が必要。
ただしGBA版では身代わり状態と透明状態が両立できなくなっているのでコンボも消滅している。

トルネコ3

おおめだまのにらみつけ封印効果が復活した他、仲間に振るという新たな活用法が生まれた。
特にポポロではモンスターハウスも無傷で壊滅させたり、安全に効率よく【マジタンコンボ】で稼いだりできる。
ただし、仲間のおおめだまも封印されるので注意。