※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ⅥとⅧに登場する蛾のモンスター。
全身深紅の強烈なカラーとなんだか印象に残らない名前がミスマッチ。
色違いには【デスファレーナ】【デビルパピヨン】【ブラックモス】が存在する。

DQⅥ

【天馬の塔】と欲望の街の周辺に出現。デスファレーナの存在を忘れたころに再登場する色違いである。
デビルパピヨンの下位種にあたり、系統の中では真ん中に位置する。
マヒ攻撃と眩しい光を使うが、なにしろ天馬の塔は馬車を連れて入ることができる。
どちらも食らったところで控えと交代すればいいので、全く怖くない。
地味にHPの低い仲間を集中攻撃する特性を持っている。
ドロップアイテムはまんげつそう。

DQⅧ

デビルパピヨンの上位種に変更。
ただし、更に上位にブラックモスが追加されたため、やはり系統の真ん中である。
サヴェッラ地方(夜)と【王家の山】に出現。
集団で現れて猛毒の霧とマヌーサでじわじわ削ってくる嫌なモンスターとなった。
順当に進めればⅧで初めて猛毒の霧を使うのはこいつである。
本作では全体にかかるので、複数が猛毒にかかる光景は一瞬ビビる。
治療するのは効率が悪いので、さっさと戦闘を終わらせたほうがいい。
ドロップは【レンネットのこな】(1/8)と毒消し草(1/16)。