※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

主人公の父親である【パパス】が愛用していた武器。
特別にあつらえた長剣で、世界にただひとつしか存在しない。
磨き上げられた刃を持ち、やや細身ながらもはがねのつるぎ以上の威力を誇っている。
パパスの息子である主人公と、孫にあたる男の子だけがこの剣を装備することができる。
青年時代に入ると、【魔物のすみか】の奥で大きくなったベビーパンサーと共に発見される。
成長してキラーパンサーになった彼を再び仲間にすると、この剣も手に入れることができる。
おそらく【古代の遺跡】でのあの一件の後に、残された彼がどうにか持ち出して守ってくれていたのだろう。

ポートセルミ → カボチ → 魔物のすみか と寄り道せずに進んで行けば、
手にれた時点では主人公の装備できる武器の中で最も強い剣となる。
攻撃力は40で、上記の通りはがねのつるぎ(攻撃力+33)よりも強力。
ルラフェンで攻撃力+42のスネークソード、サラボナで攻撃力+45のはじゃのつるぎが購入できるが、
+5程度の差でそれなりのゴールドを使うぐらいなら防具を買ったほうが有効と言える。

主人公にとっては父の形見であるため、チゾットで売っているまどろみのけんを購入する辺りまで使い続ければ、
パパスもきっと満足してくれるのではないだろうか。

また、そこまで強いわけでもないこの剣を使ってあの実力だったことを考えれば、
パパスの強さを再確認させてくれる一品でもあるとも言えるかもしれない。
この武器を使って攻撃した時のエフェクトには、なんとも言えない感慨を覚える人もいるだろう。
中には【ゲマ】にこの剣でとどめを刺した人もいるのではないだろうか?

テリワン3D

この剣と思しき【王家のつるぎ】なる武器が登場している。
こちらは高い攻撃力と奇跡の剣同様のHP回復効果を持つ優秀な武器である。
これこそがパパスのつるぎの真の力だとするならば、
パパスの圧倒的強さと戦闘終了後になぜか彼のHPが全快している理由も説明がついてしまう。
尤も、そこまで考えて登場させたわけではないだろうが。