※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅱ~Ⅷに登場する武器。攻撃力はⅦまでずっと2。
いずれの作品でも最弱の武器に位置づけられている。
主に魔法使い系統のキャラクターや主人公の初期装備となっていることが多い。
大抵の場合、次の武器購入のため下取りに出される運命にある。

Ⅷでは剣に分類されている。攻撃力こそ4に増えてはいるが、
主人公の初期装備である兵士の剣よりも攻撃力が低いため、武器としてはまずお呼びがかからない。
その代わり、錬金素材としての使い道がある。
ひのきのぼう+ダガーナイフで【鉄のヤリ】に、ひのきのぼう2本+鉄のヤリで【ロングスピア】に、
ひのきのぼう2本+力の指輪で【クロスボウ】に、ひのきのぼう+石のぼうしで【石のオノ】になる。
現実世界においても檜は建築材等、さまざまな用途に使われているが、Ⅷにおいてもそれに近いものがあると言える。

そんな伝統あるひのきのぼうであったあが、Ⅸではこれが属するのにぴったりの
棍系武器という新ジャンルができたにも関わらず、あえなく削除されてしまった。

DQⅤ(SFC版)

主人公の初期装備。攻撃力が低いためすぐ他の武器に取って代わられる。
……のが本来の役割だが、あの裏技【ひとしこのみ】の「ひ」の部分に該当するため、
使用する際には幼年時代から持ち超すか過去のサンタローズに戻って購入する必要がある。
仕様上持ち物の1番上をこれにしなければならないため、裏技実行中主人公はこれを装備して戦う羽目になる。
安全を求めるなら、主人公は隊列の後方に置くか、馬車入りさせておくとよい。